日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業


東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合(東京都葛飾区)は、地上44階、高さ約160m、延べ面積約162,500㎡の複合施設を計画しています。

A敷地(1期棟):商業施設(地上3階)、自動車教習コース・自動車教習所(屋上)
A敷地(2期棟):集合住宅 約700戸・商業・公益施設(地上44階、地下2階)
B敷地(3期棟):公益施設(地上3階)、道路拡幅整備

1期工事は2021年度~2024年度、2期工事は2024年度~2027年度(A敷地既存建物解体を含む)、3期工事は2028・2029年度に進める予定です。


◆建設通信新聞2018年2月20日付記事は→こちら



位置図

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

[日刊建設工業新聞2016年6月28日付より引用]

事業コンサルタントは佐藤総合計画、事務局及び事業協力者は三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャル、環境影響評価調査計画書作成はトーニチコンサルタントです。 2019年度の都市計画決定、2020年度の組合設立認可を経て、2021年度の着工、2029年度の全体完成を目指しています。



概要

計画名東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都葛飾区東金町一丁目
最寄駅JR「金町」駅、京成「京成金町」駅
建築主東金町一丁目西地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途A敷地:住宅(約700戸)、商業、自動車教習所
B敷地:公益施設
事業区域面積約29,300㎡
敷地面積A敷地:約24,630㎡
B敷地:約650㎡
建築面積
延床面積全体:約162,500㎡
A敷地:約161,000㎡
B敷地:約1,500㎡
用途別床面積集合住宅など:約81,000㎡
商業施設など:延べ約80,000㎡
階 数A敷地:地上44階、地下2階
B敷地:地上3階
高 さA敷地:約160m
着 工全体:2021年度予定(集合住宅は2024年度)
竣 工全体:2029年度予定(集合住宅は2027年度)
備 考 ・事業コンサルタント:佐藤総合計画
・事務局・事業協力者:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
・環境影響評価調査計画書作成:トーニチコンサルタント

最終更新日:2018年2月20日



地図

計画地はJR金町駅の西側です。



航空写真

金町自動車教習所があるほか駐車場などに利用されています。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る