日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都練馬区


(仮称)西武船橋店再開発計画


セブン&アイ・クリエイトリンク(東京都千代田区)は、千葉県船橋市の百貨店「西武船橋店」跡に商業施設や市民ホールを併設したタワーマンションを計画しています。 規模は地上48階、地下2階。 2018年12月現在、船橋市に対し計画を提案している状況で、対応が注目されます。



(仮称)西武船橋店再開発計画

2018年12月23日撮影。JR船橋駅南口にあった西武船橋店は1967年9月22日にオープンし、2018年2月28日をもって営業を終了しています。



概要

名 称
計画名(仮称)西武船橋店再開発計画
所在地千葉県船橋市本町1丁目2-1
最寄駅JR・東武「船橋」駅、京成「京成船橋」駅
建築主セブン&アイ・クリエイトリンク
設 計
施 工
用 途住宅、ホール、商業施設、駐車場
敷地面積
建築面積
延床面積
構 造
階 数地上48階、地下2階
高 さ
着 工
竣 工
備 考 ◆建設通信新聞2018年12月3日付記事は→こちら

最終更新日:2019年2月6日



地図


建築主のセブン&アイ・クリエイトリンクは、商業施設の企画・開発から運営まで行うセブン&アイ・ホールディングスグループの企業です。

計画では、地下2階に機械室と住宅駐輪場、地下1階に商業施設や住宅駐輪場、住宅駐車場、地上1階に商業施設など、2階に商業施設と住宅エントランス、3階に商業施設と住宅共用部、4~5階に公益施設(新市民ホール)、6~48階に住戸を配置しています。 新市民ホールは1000席のホールのほか、小ホール兼リハーサル室なども備えます。



2018年12月撮影

(仮称)西武船橋店再開発計画

2018年12月27日撮影。 JR船橋駅南口前に立つ「船橋フェイスビル」(地上14階・高さ79.045m)。 オフィス、公共施設、商業施設で構成する複合施設です。 2003年4月に開館しています。




(仮称)西武船橋店再開発計画

その右手。旧西武船橋店。建物はそのまま残されています。 2019年2月6日現在、船橋市で最も高いのは「パークハウス プレシアタワー」(地上38階・131.98m)、千葉県で最も高いのは「アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>」(地上49階・高さ180.82m)です。 計画通りなら高さは180mくらいと思われ、船橋市のみならず、千葉県一の超高層ビル(マンション)となる可能性があります。




(仮称)西武船橋店再開発計画

その右手。「シャポー船橋 南館」と「ホテルメッツ船橋」が入る複合ビル(地上10階)。2018年2月9日に開業しています。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告

ページの先頭へ戻る