日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中東京都豊島区


南池袋二丁目B地区市街地再開発


南池袋二丁目B地区市街地再開発準備組合(東京都豊島区)は、豊島区役所の南側に地上57階、高さ約195m、総戸数864戸の超高層マンションを計画しています。 コンサルタントは創造フォーラム、設計は楠山設計、事業協力者は、丸紅、野村不動産、三菱地所レジデンス、合人社計画研究所、西松建設。 2019年度の都市計画決定、2021年度の権利変換認可を経て、2022年度の着工、2025年度の竣工を目指しています。


◆建設通信新聞2018年4月23日付記事は→こちら



完成イメージ

南池袋二丁目B地区市街地再開発

[建設通信新聞2018年4月23日付記事より引用]

超高層マンション(A棟)のほか、B棟(地上5階・14戸)、C棟(地上6階・16戸)も整備されます。 総事業費は560億円、延べ面積は3棟合わせて約137,800㎡です。



位置図

南池袋二丁目B地区市街地再開発

[準備組合HPより引用]

北側隣接地(A地区)に「としまエコミューゼタウン」(地上49階・高さ189m)が建っています。 低層部が豊島区役所、中高層部が分譲マンション「Brillia Tower 池袋」で構成される複合ビルです。 東側のC地区でも高さ約180mのツインタワーマンション計画があり、この付近に200m弱の超高層マンションが林立することになりますね。



概要

計画名
所在地東京都豊島区南池袋2-3~5、36~39、40の一部(地番)
最寄駅東京メトロ「東池袋」駅、JR・西武・東武・東京メトロ「池袋」駅
建築主南池袋二丁目B地区市街地再開発組合(予定)
設 計楠山設計
施 工
用 途住宅(A棟864戸、B棟14戸、C棟:16戸)、オフィス、商業、駐車場
敷地面積約1.4ha
建築面積
延床面積合計:約137,800㎡、A棟:130,200㎡、B棟:3,050㎡、C棟:4,550㎡
構 造鉄筋コンクリート造
階 数A棟:地上57階、B棟:地上5階、C棟:地上6階
高 さA棟:約195m
着 工2022年度予定
竣 工2025年度末予定
備 考 ・コンサルタント:創造フォーラム
・事業協力者:丸紅、野村不動産、三菱地所レジデンス、合人社計画研究所、西松建設

情報更新日:2018年4月23日

[準備組合HPはこちら]



地図

最寄り駅は東京メトロ有楽町線・東池袋駅です。



航空写真

現在は家屋が密集しています。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る