日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX大阪府大阪市此花区


夢洲駅タワービル


大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は2018年12月20日、2024年開業予定の夢洲(ゆめしま)駅の近くに地上55階建ての超高層ビル「夢洲駅タワービル」を建設すると発表しました。 商業施設やエンターテインメント関連の施設、オフィス、ホテル、展望台などが入ります。 総工費は1000億円超。 2024年の開業を目指しています。



完成イメージ

夢洲駅タワービル

[大阪メトロ2018年12月20日付新着情報より引用]

2018年4月に民営化した大阪メトロにとって初めての超高層ビル開発となります。 ただし、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致実現が前提だそうです。 なお、高さは新聞によって違います。

◆高さ275m……………(大阪日日新聞2018年12月21日付記事)
◆高さ約275m…………(毎日新聞2018年12月20日付記事)
◆高さ275m規模………(産経新聞2018年12月20日付記事)
◆高さ250m超…………(朝日新聞2018年12月20日付記事)
◆高さ250m超…………(読売新聞2018年12月21日付記事)
◆高さ約250m…………(建設通信新聞2018年12月25日付記事)
◆高さ表記なし…………(日本経済新聞2018年12月20日付記事)



位置図

夢洲駅タワービル

[大阪メトロ2018年12月20日付新着情報より引用]

夢洲は2025年の国際博覧会(万博)会場となります。 大阪メトロでは中央線をコスモスクエア駅から夢洲まで2024年度中に延伸します。 万博には半年間で2800万人の来場が見込まれています。




夢洲駅 完成イメージ

夢洲駅タワービル

[大阪メトロ2018年12月20日付新着情報より引用]

夢洲駅の新設のほか、御堂筋線と中央線の主要15駅が改装されます。



概要

計画名夢洲駅タワービル
所在地大阪府大阪市此花区
最寄駅大阪メトロ中央線「夢洲」駅(2024年開業予定)
建築主大阪市高速電気軌道株式会社
設 計
施 工
用 途商業施設、エンターテインメント関連施設、オフィス、ホテル、展望台
敷地面積
建築面積
延床面積
構 造
基礎工法
階 数地上55階、地下1階
高 さ250~275m
着 工
竣 工2024年予定
備 考 ◆大阪メトロ2018年12月20日付新着情報は→こちら

最終更新日:2018年12月21日



地図

夢洲は大阪湾に浮かぶ人工島です。



高さ250m以上の日本の超高層ビル(計画も含む)

名称高さ所在地竣工状況
東京駅前常盤橋プロジェクト B棟39061東京都千代田区2027.9計画
虎ノ門・麻布台地区再開発 A街区32365東京都港区2023.3計画
あべのハルカス30060大阪市阿倍野区2014竣工済
横浜ランドマークタワー29670横浜市西区1993竣工済
日本橋一丁目中地区再開発 C街区28749東京都中央区2025年度計画
夢洲駅タワービル27555大阪府此花区2024年度計画
(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー26549東京都港区2022年度計画
虎ノ門・麻布台地区再開発 B-1街区26363東京都港区2023.3計画
りんくうゲートタワービル256.156大阪府和泉佐野市1996竣工済
大阪府咲洲庁舎25655大阪市住之江区1995竣工済
虎ノ門ヒルズ 森タワー255.552東京都港区2014竣工済
東京駅前八重洲一丁目東地区再開発25054東京都中央区2024.3計画

高さ275mなら大阪では「あべのハルカス」(地上60階・高さ300m)に次ぐ超高層ビルとなりますね。






日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る