日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX福岡県福岡市


「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業


西日本鉄道は福岡市中央区天神1丁目にある福岡ビルと天神コアビルを地上19階、地下4階、高さ約96m、延べ面積約10万㎡の複合ビルに一体的に建て替えます。 B2F~4Fに商業施設、5F~6Fにスカイロビー、8F~17Fにオフィス、18F~19Fにホテルを配置。 基本設計は日建設計、外装デザインは米国の設計事務所コーン・ペダーセン・フォックス。 2019年4月以降に福岡ビル、2020年4月以降に天神コアビルを解体する予定で、2023年12月の竣工、2024年春の開業を目指しています。

◆西日本鉄道2018年8月3日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト第1期事業

[西日本鉄道2018年8月3日付ニュースリリースより引用]

完成イメージからは高さはあまり感じませんが、幅約100m、奥行約80mあるので実際に見るとかなり迫力がありそうです。



概要図

(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト第1期事業

[西日本鉄道2018年8月3日付ニュースリリースより引用]

5F~6Fには天神交差点を一望できる九州最大のスカイロビーが計画されています。 オフィスエントランスのほか、ホテルロビー、カンファレンス、コワーキングスペース、カフェなどが設置されます。



概要

計画名(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト第1期事業
「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業
所在地福岡市中央区天神一丁目11番
最寄駅西日本鉄道「西鉄福岡(天神)」駅、地下鉄「天神」駅
建築主西日本鉄道株式会社
設 計基本設計:株式会社日建設計
実施設計:未定
外装デザインKohn Pedersen Fox Associates(KPF)
施 工
用 途商業、オフィス、ホテル、カンファレンス 他
敷地面積約6,200㎡
建築面積
延床面積約100,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上19階、地下4階、塔屋1階
高 さ約96m
着 工(2019年4月以降:福岡ビル解体着手、2020年4月以降:天神コアビル解体着手)
竣 工2023年12月予定
開 業2024年春予定
備 考

更新日:2018年8月4日



地図

[福岡ビル] SRC造、地上11階、地下3階、延床面積42,980㎡、1964年12月竣工
      用途:オフィス・商業、テナント数45(2017年時点)

[天神コア] SRC造、地上8階、地下3階、延床面積23,892㎡、1976年5月竣工
      用途:商業、テナント数106(2017年時点)

福岡ビルに入居している西鉄本社は2019年3月末に博多センタービルに移転する予定です。



航空写真

街区内にある「天神ビブレ」は第1期事業には含まれません。第2期事業で一体化されるものと思われます。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る