日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

品川駅北周辺地区開発


JR東日本は田町駅と品川駅の間に建設中の品川新駅(東京都港区)の西側に下記の施設を計画しています。

1街区:地上44階、地下4階、高さ175m、延べ155,000㎡、住宅(約1,000戸)
2街区:地上5階、地下3階、高さ45m、延べ31,000㎡、文化施設
3街区;地上30階、地下5階、高さ170m、延べ209,000㎡、業務、商業
4街区:地上29階、地下3階、高さ165m、延べ460,000㎡、業務、商業、ホテル

2019年度の着工、2024年度の竣工・供用開始を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2018年2月9日付記事は→こちら
◆建設通信新聞2018年2月9日付記事は→こちら



位置図

品川駅北周辺地区開発

[日刊建設工業新聞2018年2月9日付記事より引用]

山手線・京浜東北線の新駅「品川新駅」は2020年の東京五輪前に暫定開業し、2024年頃に本開業する予定です。



概要

計画名(仮称)品川駅北周辺地区1街区、2街区、3街区、4街区開発事業
所在地東京都港区芝浦4丁目、港南2丁目、高輪2丁目
最寄駅JR「品川新」駅(仮称)、京浜急行・都営浅草線「泉岳寺」駅
建築主東日本旅客鉄道株式会社
設 計
施 工
敷地面積全体:約6.89ha
街区名1街区2街区3街区4街区
用 途住宅(約1,000戸)文化施設商業・業務業務、商業、ホテル
コンベンション施設
敷地面積11,900㎡8,100㎡13,300㎡35,600㎡
建築面積
延床面積155,000㎡31,000㎡209,000㎡460,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上44階、地下4階地上5階、地下3階地上30階、地下5階地上29階、地下3階
高 さ175m45m170m165m
駐車場450台100台430台1360台
着 工2019年度
竣 工2024年度
備 考 ※環境アセス調査計画書作成:ジェイアール東日本建築設計事務所・日本設計JV
※駐車場:全体2340台

最終更新日:2018年2月10日

[航空写真はこちら]



地図

事業地は上野東京ラインの開通で不要となった品川車両基地の跡地などです。 現在、都市再生機構が土地区画整理事業を進めています。

品川車両基地跡地に新駅を作り、新しい街を誕生させるという話は数年前からありました。 いよいよ具体的な姿が見え始めましたね。 どのような未来都市が生まれるのか注目されます。 高さは、航空法上の高さ規制ぎりぎりを攻めているようで、羽田空港から遠い北側が高く、南側が低くなっています。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る