日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX茨城県取手市


(仮称)取手駅西口A街区地区第一種市街地再開発事業


茨城県取手市は2018年1月26日、公募していた「(仮称)取手駅西口A街区地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者を大京・戸田建設JVに決めたと発表しました。 提案では低層のA棟は駐車場やサテライト図書館などで構成し、高層のB棟にはサービス付き高齢者住宅(約80戸)や集合住宅(約150~200戸)が入ります。 2018年度の準備組合設立、2019年度の都市計画決定、2020年度の本組合設立、2021年度の権利変換計画認可を経て、2022年度の着工、2024年度の完成を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2018年1月29日付記事は→こちら
◆建設通信新聞2018年1月29日付記事は→こちら



完成イメージ

(仮称)取手駅西口A街区地区第一種市街地再開発事業

[日刊建設工業新聞2018年1月29日付記事より引用]

イメージ画像では、A棟が6~7階建、B棟が29~30階建です。



位置図

(仮称)取手駅西口A街区地区第一種市街地再開発事業

[取手市HPより引用]

事業の対象地は、JR取手駅西口前で進む市施行の「取手駅北土地区画整理事業」のうち、西口交通広場近くのA街区です。



概要

計画名(仮称)取手駅西口A街区地区第一種市街地再開発事業
所在地茨城県取手市新町2丁目の一部
最寄駅JR常磐線「取手」駅、関東鉄道常総線「取手」駅
建築主取手駅西口A街区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途A棟:商業・業務床、市のサテライト図書館、自走式駐車場
B棟:サービス付き高齢者向け住宅(約80戸)、共同住宅(約150~200戸)
敷地面積約0.7ha
建築面積A棟:―  B棟:―
延床面積A棟:―  B棟:―
構 造A棟:―  B棟:―
階 数A棟:―  B棟:―
高 さA棟:―  B棟:―
着 工2022年度
竣 工2024年度
備 考 ※事業協力者:大京・戸田建設JV

最終更新日:2018年2月2日

[航空写真はこちら]



地図

JR取手駅は常磐線快速電車と常磐線各駅停車(ラッシュ時のみ)の始発駅の一つです。 快速の一部は上野東京ライン経由で東京駅や品川駅に直通します。 各駅停車に乗れば東京メトロ千代田線経由で大手町方面に乗り換えなしで行けます。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る