日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

中山駅南口地区第一種市街地再開発事業


中山駅南口地区市街地再開発準備組合は横浜市緑区のJR横浜線「中山駅」南口に地上29階、地下1階、高さ約99m(最高約108m)、総戸数約420戸のタワーマンションを計画しています。 低層部には商業施設も整備。 事業協力者は西松建設・東急不動産JV、事業コンサルタントは都市環境研究所。 2021年に着工し、2024年に完成する予定です。


◆日刊建設工業新聞2017年11月6日付記事は→こちら
◆横浜市HP(計画段階配慮書の縦覧のお知らせ)は→こちら



概要

計画名中山駅南口地区第一種市街地再開発事業
所在地神奈川県横浜市緑区谷村町の一部、寺山町の一部
最寄駅JR横浜線「中山」駅、横浜市営地下鉄グリーンライン「中山」駅
建築主中山駅南口地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途A-1敷地:商業施設/A-2敷地:商業施設/B敷地:商業施設、住宅施設(約420戸)
敷地面積A-1敷地:約3,700㎡/A-2敷地:約800㎡/B敷地:約10,700㎡(連絡デッキ含む)
合計:約15,200㎡
建築面積A-1敷地:約2,850㎡/A-2敷地:約380㎡/B敷地:約7,650㎡
合計:約10,800㎡
延床面積A-1敷地:約14,500㎡/A-2敷地:約1,000㎡/B敷地:約55,300㎡
合計:約70,800㎡
容積対象床面積A-1敷地:約11,600㎡/A-2敷地:約1,000㎡/B敷地:約43,100㎡
合計:約55,700㎡
階 数A-1敷地:地上5階、地下2階、塔屋1階
A-2敷地:地上3階、塔屋1階
B敷地:地上29階、地下1階、塔屋1階
高 さA-1敷地:約25m(最高約30m)
A-2敷地:約16m(最高約20m)
B敷地:約99m(最高約108m)
駐車場A-1敷地:約75台/A-2敷地:なし/B敷地:約310台/合計:約385台
着 工2021年
竣 工2024年
供用開始2024年
備 考 ※事業協力者:西松建設・東急不動産JV
※事業コンサルタント:都市環境研究所
※連絡デッキ、歩行者広場(約450㎡)、駅前広場(約5,200㎡)、道路(約7,300㎡)も新設

最終更新日:2017年11月8日



地図

中山駅にはJR横浜線のほか横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れています。横浜駅から横浜線で20分ほどです。



航空写真

地上29階建てのマンションは「食品館あおば」があるあたりに建設されるようです。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る