日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業


神戸市は2017年10月26日、中央区の新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業の優先交渉権者を住友不動産を代表企業とするグループに決定したと発表しました。 提案によれば住友不動産と関電不動産開発が地上27階、高さ約100m、総戸数約700戸、延べ約72,000㎡のツインタワーマンションを建設します。 このほか、SMBC信託銀行が、水・水族・アートが融合したアクアリウムやウエディング・クラシックカーミュージアムで構成した文化施設を、フェリシモが本社やクリエイティブブラボが入るビルを、GLIONがグループ本社及びBMWワールドミュージアムやBMWショールームが入るビルを建設します。


◆神戸市2017年10月26日付記者発表資料は→こちら



完成イメージ

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業

[神戸市2017年10月26日付記者発表資料より引用]



位置図

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業

[神戸市2017年10月26日付記者発表資料より引用]



全体概要

計画名新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業
所在地神戸市中央区新港町71番地他14筆
最寄駅地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前」駅、地下鉄海岸線「三宮・花時計前」駅
建築主 代表企業:住友不動産株式会社
構成員企業:株式会社SMBC信託銀行、株式会社フェリシモ、株式会社モトーレン阪神(GLIONグループ)、関電不動産開発株式会社
設 計
施 工
用 途共同住宅(約350戸×2)、文化施設、事務所、商業施設、駐車場
敷地面積約34,000㎡(うち土地譲渡面積は約24,500㎡)
建築面積
延床面積住宅棟:約36,000㎡×2棟
階 数住宅棟:地上27階
高 さ住宅棟:約100m
着 工
竣 工
備 考総事業費:約460億円

最終更新日:2017年10月28日



地図



航空写真




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る