日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業


東京都江戸川区の「南小岩六丁目地区市街地再開発組合」は、JR小岩駅南口に下記の再開発ビルを建設します。

Ⅰ街区:地上10階、高さ44m、商業
Ⅱ街区:地上30階、地下1階、高さ107m、住宅・商業・業務
Ⅲ街区:地上32階、地下2階、高さ108m、住宅・商業・公共駐輪場

区画街路や立体歩行者通路なども一体的に整備します。 特定業務代行者は清水建設・野村不動産・タカラレーベンJV、参加組合員は野村不動産・タカラレーベン・清水建設JV、事業コンサルタントはタカハ都市科学研究所。 2016年12月15日、東京都は本組合の設立を認可しました。 2018年2月の権利変換計画認可後、同年8月の着工、2024年11月の竣工を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2016年12月15日付記事は→こちら
◆建設通信新聞2016年12月15日付記事は→こちら



イメージパース(北東側から)

南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業

野村不動産2016年10月4日付ニュースリリース(PDF)より引用

中央がⅡ街区、その右がⅠ街区、左がⅢ街区です。JR小岩駅は右下にあります。 野村不動産は参加組合員の幹事企業として、商業保留床を単独で取得。 住宅保留床はタカラレーベンと清水建設が共同で取得します。 住宅は約400戸が計画されています。



位置図

南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業

野村不動産2016年10月4日付ニュースリリース(PDF)より引用

建設地の南東側に再開発事業で建設されたマンション「アルファグランデ小岩スカイファースト」(地上29階・地下2階・高さ99.9m・最高105.2m)があります。



全体の概要

計画名南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都江戸川区南小岩六丁目 ほか
最寄駅JR総武線「小岩」駅 徒歩1分
建築主南小岩六丁目地区市街地再開発組合
事業関係者 事業コンサルタント:タカハ都市科学研究所
特定業務代行者:清水建設(代表企業)、野村不動産、タカラレーベン
参加組合員:野村不動産(幹事企業)、タカラレーベン、清水建設
設 計
施 工
街 区Ⅰ街区Ⅱ街区Ⅲ街区
用 途商業住宅・商業・業務住宅・商業・公共駐輪場
敷地面積約1,040㎡約2,900㎡約5,010㎡
建築面積約830㎡約1,980㎡約3,460㎡
延床面積約7,240㎡約27,770㎡約52,040㎡
構 造鉄骨造鉄筋コンクリート造・鉄骨造鉄筋コンクリート造・鉄骨造
階 数地上10階地上30階・地下1階地上32階・地下2階
高 さ44m107m108m
公共施設等都市計画道路・歩道状空地 等
着 工2018年8月
竣 工2024年11月
備 考総事業費:約506億円

情報更新日:2016年12月16日



地図

建設地はJR小岩駅のすぐ南側です。



航空写真

建設地東側は小岩駅前通り美観商店街(こいわフラワーロード)に面しています。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る