日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都中央区


東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業


東京都は2019年1月11日、東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合の設立を認可しました。 同組合は再開発事業の施行者となり、JR東京駅八重洲口前に地上50階、地下4階、高さ約250メートル、延べ面積約229,800㎡の超高層ビルを整備します。 用途は店舗、事務所、住宅、バスターミナル、カンファレンス施設、医療施設など。 2020年度の権利変換計画認可を経て、2021年度の着工、2025年度の竣工を目指しています。



完成イメージ

東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

当初計画では地上54階でしたが、地上50階に変更されています。高さは約250mで変わりません。総事業費は約2,104億円を見込んでいます。



位置図

東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

事業地の南側では八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業が始動しています。同事業では地上45階、地下4階、高さ240m(最高240m)、延べ面積287,200㎡の超高層ビルが建設されます。2022年8月末に竣工する予定です。



配置図

東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

A地区には、地上11階、地下3階、高さ約45m、延べ面積約12,200㎡の事務所や店舗で構成するビルが計画されています。



断面図

東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

A地区は、2019年度の組合設立、2021年度の権利変換計画認可を経て、2022年度に着工する予定で、B地区と同じ2025年度の竣工を目指しています。



概要

事業名東京都市計画事業 東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都中央区八重洲一丁目地内
最寄駅JR「東京」駅
建築主東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
設 計基本設計:日本設計、実施設計:大林組(予定)
施 工
用 途店舗、事務所、住宅、バスターミナル、カンファレンス施設、医療施設 等
敷地面積約10,600㎡
延床面積約229,750㎡
階 数地上50階、地下4階
高 さ約250m
着 工2021年予定
竣 工2025年予定
備 考 [事業関係者]
◆特定業務代行者:東京建物・大林組JV
◆都市計画コンサルタント・事業コンサルタント:日本設計
◆参加組合員:東京建物、都市再生機構
◆事業協力者:東京建物、大林組、大成建設

[公共施設]
◆都道 第408号線(面積約10平方メートル)
◆特別区道 中日第13号線(幅員7m(全幅員12.5m))
◆特別区道 中日第285号線(幅員7.5m(全幅員15m))

[事業スケジュール]
◆都市計画決定 ………………… 2015年9月
◆B地区組合設立認可…………… 2018年1月
◆A地区組合設立認可…………… 2019年度(予定)
◆B地区権利変換計画認可……… 2020年度(予定)
◆A地区権利変換計画認可……… 2021年度(予定)
◆B地区建築工事着工…………… 2021年度(予定)
◆A地区建築工事着工…………… 2022年度(予定)
◆A・B地区建築工事完了 ……… 2025年度(予定)

◆東京建物2019年1月18日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年1月21日



地図



2015年6月撮影

2015年6月1日撮影。東京駅から見ています。50階建て超高層ビルは中央の建物の奥に建設されます。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る