日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都中央区


(仮称)晴海三丁目計画


三菱地所は東京都中央区の「晴海パークビル本館・新館」の跡地に地上20階、地下1階、延べ約5万0700㎡のオフィス棟とホテル棟を新設します。 2020年の東京五輪後に着工する予定で、2023年度の完成を目指しています。

◆建設通信新聞2019年2月21日付記事は→こちら



概要

計画名(仮称)晴海三丁目計画
所在地東京都中央区晴海三丁目地内
最寄駅都営大江戸線「勝どき」駅
建築主三菱地所
設 計
施 工
用 途事務所、ホテル、店舗
敷地面積約6,530㎡
建築面積
延床面積約50,700㎡
構 造S・SRC一部RC造
階 数地上20階、地下1階
高 さ
着 工2020年東京五輪後予定
竣 工2023年度予定

最終更新日:2019年2月21日



地図


建設地は「晴海アイランド トリトンスクエア」向かい側の下記のビルの跡地です。

晴海パークビル本館:SRC造、地上06階、地下1階、1969年09月竣工
晴海パークビル新館:SRC造、地上10階、地下1階、1985年10月竣工

報道によると、都市テクノが2019年5月までの工期で解体しています。 新館のあった北西側にオフィス棟、本館のあった南東側にホテル棟を配置し、低層部には店舗などの生活利便施設やカフェ・レストランなどが入ります。 両棟の間には歩行者デッキを整備し、晴海通り上に新設するデッキとも接続します。 トリトンスクエアに行きやすくなりそうですね。





日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告

ページの先頭へ戻る