日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業


東京都港区の「三田三・四丁目地区市街地再開発準備組合」は、JR田町駅近くに地上42階、地下3階、最高高さ211m、延べ面積約196,000㎡の超高層ビルの建設を計画しています。 事業協力者は住友不動産と大林組。 2017年度の都市計画決定、組合設立を経て、2018年度の権利変換計画認可及び着工、2023年度の竣工を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2016年12月22日付記事は→こちら



完成イメージ

三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

[日刊建設工業新聞2016年12月22日付より引用]

三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業では4棟の建物が建設されます。全体の延べ面積は約223,700㎡。各棟の詳細は下記概要をご覧ください。



概要

計画名三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区三田三・四丁目
最寄駅JR「田町」駅、都営地下鉄「三田」駅
建築主三田三・四丁目地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
施設名複合棟-1複合棟-2住宅棟-1住宅棟-2合計
用 途事務所、文化・交流施設
商業・生活支援施設、駐車場など
住宅など
敷地面積約3.0ha約1.0ha約4.0ha
延床面積約196,000㎡約7,000㎡約20,100㎡約600㎡約223,700㎡
階 数地上42階
地下3階
地上5階
地下1階
地上9階
地下1階
地上4階
地下2階
高 さ最高211m最高30.5m最高31.5m最高11.5m
着 工2018年度予定
竣 工2023年度予定
備 考事業協力者:住友不動産、大林組

情報更新日:2016年12月22日



地図

建設地は、JR「田町駅」や都営地下鉄「三田駅」の近くです。



航空写真

建設地の多くは駐車場として利用されているようです。



2016年10月撮影

京橋一丁目東地区 B街区

2016年10月26日撮影。札の辻交差点の歩道橋から見た「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階・高さ179.3m)。その北東側(写真右)に地上42階、高さ211mの超高層ビルが誕生することになります。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る