日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中長崎県長崎市


幸町工場跡地活用事業


三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地(長崎市)の活用事業で、優先交渉権者となったジャパネットホールディングス(HD)は2018年4月26日、サッカーJ1、V・ファーレン長崎の新スタジアムを核にホテル、タワーマンションなどを建設するプロジェクトの概要を公表しました。 報道によると23,000席のサッカースタジアムのほかに、地上36階、高さ150m、300室のホテルや、地上34階、高さ115m、300戸のマンションなどを計画しています。 新スタジアムは2023年の完成を目指しています。


◆ジャパネットHD 2018年4月26日付(PDF)ニュースリリースは→こちら



完成イメージ

幸町工場跡地活用事業

[ジャパネットHD 2018年4月26日付(PDF)ニュースリリースより引用]

破綻寸前だったV・ファーレン長崎のクラブ経営を引き受け、J1昇格を成し遂げたジャパネットたかたの前社長、高田明氏が今度は長崎市内のスタジアム建設に乗り出します。 現在の本拠地スタジアムは諌早市にあります。 総工費は500億円。 当サイトとしてはやはり国内初のスタジアムビューホテル(右)や長崎一高いタワーマンション(左)を、注目していきたいと思います。



概要

計画名幸町工場跡地活用事業
所在地長崎県長崎市幸町6-12
最寄駅JR「長崎」駅、JR「浦上」駅
建築主ジャパネットホールディングス
(総合プロデュース代表企業:JLL及びJLLモールマネジメント)
設 計スタジアム:竹中工務店
施 工
用 途サッカースタジアム(23,000席)、ホテル(300室)、マンション(300戸)、オフィス、マーケット
敷地面積約7ha
建築面積
延床面積
構 造
階 数ホテル:地上36階  マンション:地上34階
高 さホテル:150m  マンション:115m
着 工
竣 工2023年目標
備 考 2018年8月:売買契約締結
2021年4月:土地引き渡し

最終更新日:2018年4月30日



地図

建設地はJR長崎駅とJR浦上駅のほぼ中間地点です。長崎電鉄(路面電車)なら宝町電停や銭座町電停が近いです。



航空写真

三菱重工業長崎造船所幸町工場は、工場再編に伴いすべての生産機能を他の拠点に移すことになりました。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る