日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX愛知県名古屋市


(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業


NTT都市開発は2019年3月15日、名古屋市へ提案していた「『(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業』の計画提案に係る都市計画素案」について、2019年3月15日付で都市計画決定の告示を受けたことを発表しました。 建設地は栄の「旧住友商事名古屋ビル」跡地。 規模は地上20階、高さ約96m、延べ面積約30,900㎡。 地下と1階に店舗が入り、2階以上はオフィスとなります。 2019年9月に準備工事に着手する予定で、2022年1月の竣工、2月の開業を目指しています。

◆NTT都市開発2019年3月15日付ニュースリリースは→こちら



完成イメージ

(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業

[NTT都市開発2019年3月15日付ニュースリリースより引用]

NTT都市開発が保有する既存の「アーバンネット名古屋ビル」も描かれています。



現地の様子

(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業

2019年1月3日撮影。「住友商事名古屋ビル」の解体工事が進められていました。



概要

事業名(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業
所在地名古屋市東区東桜一丁目1番
最寄駅地下鉄「久屋大通」駅
建築主NTT都市開発株式会社
設 計(基本設計など:日建設計)
施 工(解体工事:清水建設)
用 途事務所、店舗
敷地面積約1,934㎡
建築面積
延床面積約30,900㎡
構 造鉄骨造
基礎工法
階 数地上20階、地下1階、塔屋1階
高 さ約96m
着 工2019年9月準備工事着手予定
竣 工2022年1月予定(2022年2月開業予定)

最終更新日:2019年3月15日



地図

建設地は地下鉄桜通線と地下鉄名城線が交わる「久屋大通駅」の近くです。新ビルと駅は地下で直結する予定です。「栄駅」も徒歩圏内です。 土地を高度利用できる「都市再生特別地区」に栄地区で初めて指定される見通しです。区域面積は約1.6haです。



2019年1月撮影

東桜一丁目1番地区

2019年1月3日撮影。南西側から見た建設地。清水建設が「住友商事名古屋ビル」(地上16階)を解体しています。




東桜一丁目1番地区

1974年竣工なので、築44年ほどで姿を消したことになります。奥の建物は「アーバンネット名古屋ビル」です。地上22階、地下3階、高さ92.03m(最高99.58m・軒高91.33m)。2005年9月に竣工しています。




東桜一丁目1番地区

目の前に地下街(地下鉄・久屋大通駅)の出入口があります。




東桜一丁目1番地区

建設地の北西側に桜通を跨ぐ歩行者用の橋があります。




東桜一丁目1番地区

橋の名称は「セントラルブリッジ」です。




東桜一丁目1番地区

「セントラルブリッジ」から南方面を見ています。久屋大通公園内に「名古屋テレビ塔」(高さ180m)が聳えています。




東桜一丁目1番地区

西方面。名古屋駅方面です。




東桜一丁目1番地区

北方面。




東桜一丁目1番地区

東方面。右側に建設地が見えます。




東桜一丁目1番地区

建設地です。




東桜一丁目1番地区

「セントラルブリッジ」を北に進むと「ロサンゼルス広場」があります。




東桜一丁目1番地区

「ロサンゼルス広場」付近から見た建設地。新ビルは地上20階、地下1階、高さ約96m。「アーバンネット名古屋ビル」とほぼ同じ高さのビルが並ぶことになります。




東桜一丁目1番地区

北側から。2019年10月に着工し、2022年初頭に完成する予定です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る