日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都江東区


(仮称)亀戸六丁目計画


野村不動産は、東京都江東区の商業施設「サンストリート亀戸」の跡地に、26階建てマンション並びに6階建て大型商業施設を計画しています。 総延べ面積は約15万2500㎡。 2019年7月に着工する予定で、2022年3月の完成を目指しています。

◆建設通信新聞2018年10月18日付記事は→こちら



完成イメージ

(仮称)亀戸六丁目計画/サンストリート亀戸跡地開発

[建設通信新聞2018年10月18日付記事より引用]

地上26階、地下1階の住宅棟は、免震構造を採用し、ファミリータイプ約800戸、それ以外を200戸未満で検討しています。 駐車台数約580台、自動二輪145台、駐輪2590台を確保。 また、施設内に保育施設(住宅棟低層部分)や地域に開放された広場も設けられます。



全体概要

計画名(仮称)亀戸六丁目計画
所在地東京都江東区亀戸6-31
最寄駅JR・東武「亀戸」駅
建築主野村不動産
設 計
施 工
用 途共同住宅(約1,000戸)、商業施設、保育施設、駐車場
敷地面積約22,990㎡
建築面積
延床面積約152,500㎡
構 造住宅棟:RC造(免震構造)/ 商業棟:S一部RC造
階 数住宅棟:地上26階、地下1階 / 商業棟:地上6階、地下1階
高 さ
着 工2019年7月予定
竣 工2022年3月予定
備 考 ◆駐車台数:約580台、自動二輪:145台、駐輪:2590台

最終更新日:2018年10月18日



地図


JR亀戸駅より建設地まで徒歩5分ほどです。 当初は外資SPCが60階建てツインタワーマンション(約2000戸)や商業施設、ホテルなどを計画していましたが、事業主体が野村不動産に変更になりマンションについては規模が縮小しています。




航空写真


「サンストリート亀戸」は1997年11月7日に第二精工舎(現・セイコーインスツル)の工場跡地に開業したオープンモール型ショッピングセンターです。 敷地面積24,520㎡、商業施設面積15,871㎡、店舗数50店舗、駐車台数約410台、駐輪台数約700台。 2016年3月31日をもって営業を終了しています。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る