日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中東京都千代田区


(仮称)九段南一丁目プロジェクト


東急不動産と鹿島建設が出資する合同会社ノーヴェグランデは、東京都千代田区九段南に所在する九段会館の一部を保存しつつ地上17階、地下3階、高さ約74.9m、延べ面積約68,024㎡の複合ビルを建設します。 建物は事務所と店舗で構成。 保存部分は宴会場、カンファレンスセンター、シェアオフィス、店舗などに利用します。 2018年5月に既存建物の解体工事に着手。 2022年7月に竣工する予定です。



2018年3月25日撮影。保存部分を除き解体されます。



完成イメージ

九段会館定借・高度利用事業

[東急不動産・鹿島建設 2018年3月8日付ニュースリリース(PDF)より引用]


九段会館は2011年の東日本大震災で大きな被害を受け営業停止に追い込まれていました。 1934年に竣工した歴史的価値のある建築物として希少であり、施設の一部を残し再開発されることになりました。



概要

計画名九段会館定借・高度利用事業
(仮称)九段南一丁目プロジェクト
所在地東京都千代田区九段南1-5-1ほか
最寄駅東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅
建築主合同会社ノーヴェグランデ(東急不動産と鹿島建設が出資)
設 計鹿島・梓 設計・工事監理業務共同企業体
施 工鹿島建設株式会社(予定)
用 途事務所、店舗、駐車場等
敷地面積約8,765㎡
建築面積
延床面積約68,024㎡
構 造
基礎工法
階 数地上17階、地下3階
高 さ約74.9m
着 工(解体工事:2018年5月7日~2020年7月31日)
竣 工2022年7月予定
備 考

更新日:2018年4月8日

[航空写真はこちら]

◆東急不動産・鹿島建設 2018年3月8日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



地図

建設地は東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線の3線が乗り入れる「九段下駅」4番出入口から徒歩約1分です。



2018年3月撮影

2018年3月25日撮影。九段会館は九段下交差点のすぐ南側に建っています。




接近しました。入口付近の様子。




ゴールデンウィーク明けから解体工事が始まる予定です。




北の丸公園入口付近に移動しました。




牛ヶ淵の桜が見ごろを迎えていました。




九段会館にズームイン。中央左の塔は立体駐車場、右側のベージュの建物は新館です。両棟は完全に解体されます。




別角度から。立体駐車場と新館がよく見えます。その奥は九段坂病院です。




九段会館定借・高度利用事業

「解体工事のお知らせ」によると、解体建築物の概要は以下の通りです。

九段会館本館:SRC造、地上5階、地下1階、解体床面積15,059.57㎡
九段会館新館:SRC造、RC造、地上9階、地下2階、解体床面積4,430.25㎡
立体駐車場:S造

施工は鹿島建設、解体工事の工期は2018年5月7日~2020年7月31日です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る