日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX長崎県長崎市


長崎市新市庁舎


長崎市は旧長崎市公会堂の跡地に地上19階、地下1階、高さ約90m、延床面積約46,200㎡の新庁舎を新設します。 設計は山下設計(東京)・建友社設計(長崎市)・有馬建築設計事務所(長崎市)JV。 2019年度に着工し、2022年度に竣工する予定です。



完成イメージ

長崎市新市庁舎

[長崎市HP(基本設計)より引用(PDF)]

南東側から見ています。地震対策として免震構造とし、高層部分については、免震効果を高めるため木質耐震パネルを用いた「外殻ワッフル構造」を採用しています。



断面イメージ

長崎市新市庁舎

[長崎市HP(基本設計)より引用(PDF)]

最高部のホバリングスペースの高さが約90mです。19階に展望フロアが設けられます。



位置図

長崎市新市庁舎

[長崎市HP(基本設計)より引用(PDF)]

市庁舎が150mほど東に移動します。



概要

計画名長崎市新市庁舎
所在地長崎県長崎市魚の町4番
最寄駅長崎電気軌道「市民会館」電停
建築主長崎市
設 計山下設計・建友社設計・有馬建築設計事務所 特定設計業務共同企業体
施 工
用 途市庁舎(事務所)
敷地面積約6,600㎡
建築面積
延床面積約46,200㎡(駐車場を除く)
構 造
階 数地上19階、地下1階、塔屋1階
高 さ約90m
着 工2019年度予定
竣 工2022年度予定
備 考 ◆事業時:約258億円
◆長崎市HPは→こちら

最終更新日:2018年8月22日

[航空写真はこちら]



地図



2012年12月撮影

桜町にある現在の長崎市庁舎本館。移転後、新たな文化施設が建設される予定です。




本館の向かいにある長崎市庁舎別館。移転後、公園になる予定です。




長崎市庁舎の近くにある長崎市公会堂。2015年3月末に閉館しました。




ここに新市庁舎が建設されます。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る