日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都中野区


中野二丁目地区第一種市街地再開発事業


東京都は2018年7月31日、「中野二丁目地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。 同組合はJR中野駅の南側に地上20階、地下2階、高さ約120mの事務所棟と地上37階、地下1階、高さ約145mの住宅棟を整備します。 延べ面積は約96,200m。 住友不動産が参加組合員として参画。 基本設計はアール・アイ・エー、事業協力者は西松建設。 総事業費は約633億円。 2019年3月の権利変換計画認可、同10月の着工、2022年12月の竣工を目指しています。



完成イメージ

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

[中野区HP内PDF資料より引用]

◆中野区HPは→こちら
◆位置図、配置図、断面図(中野区HP内PDF資料)は→こちら



概要

事業名東京都市計画事業 中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都中野区中野二丁目地内
最寄駅JR「中野」駅、東京メトロ「中野」駅
建築主中野二丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設 計基本設計:アール・アイ・エー
施 工事業協力者:西松建設
用 途住宅、事務所、店舗、公益施設、駐車駐輪場等
敷地面積地区面積:約1.0ha
建築面積
延床面積約96,200㎡
構 造
階 数事務所棟:地上20階、地下2階/住宅棟:地上37階、地下1階
高 さ事務所棟:約120m/住宅棟:約145m
着 工2019年10月予定
竣 工2022年12月予定
備 考 [公共施設等]
・土地区画整理事業で整備
・中野区画街路第5号線(約2,378㎡、交通広場内)
・主要区画道路(幅員11.5~13m、延長約270m)
・区画道路1号(幅員8m、延長約90m)
・区画道路2号(幅員6m、延長約100m)
・公園(約730㎡)等

[事業スケジュール]
・都市計画決定:2015年3月
・組合設立(事業計画)認可:2018年7月
・権利変換計画認可:2019年3月(予定)

最終更新日:2018年7月31日



地図

JR中央線側に地上20階、地下2階、高さ約120mの事務所棟、その南側に地上37階、地下1階、高さ約145mの住宅棟が誕生します。 事務所棟の1~5階には店舗などが入るようです。 住宅棟は「中野坂上サンブライトツインビル」(地上30階・最高高さ134.2m)を抜き中野区でもっとも高い建物となります。 住宅棟の名称は、住友不動産が参画しているので「シティタワー中野」でしょうか。



航空写真

中野駅南側では中野二丁目土地区画整理事業を進められており、2024年度に完成する予定です。 また、「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の南側では東京都住宅供給公社が地上14階建てと地上7階建ての子育て支援施設を含む「(仮称)コーシャハイム中野」(203戸)を整備しています。 「(仮称)コーシャハイム中野」は2019年4月に完成する予定です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る