日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX神奈川県川崎市


川崎駅西口開発計画(ホテルメトロポリタン川崎)


JR東日本は川崎駅西口に総延べ面積136,468㎡に及ぶ下記の施設を新設します。 設計はジェイアール東日本建築設計事務所、施工は大成建設。 2020年春のホテル開業、2021年4月の全体完成を目指しています。

オフィス高層棟………地上29階、地下2階、高さ128.25m(最高約135m)
オフィス低層棟………地上05階、地下1階、高さ約27m
ホテル棟………………地上16階、地下0階、高さ約59m

日本ホテル(株)は2019年5月15日、ホテル棟のホテル名を「ホテルメトロポリタン川崎」とし、2020年5月に開業すると発表しました。 ニュースリリース(PDF)は→こちら



2019年4月13日撮影

川崎駅西口開発計画

西側から見た建設地



完成イメージ

川崎駅西口開発計画

[JR東日本2018年5月18日付ニュースリリース(PDF)より引用]

北東側から見た外観イメージ。左がオフィス高層棟、右がホテル棟(ホテルメトロポリタン川崎)です。




川崎駅西口開発計画

[日本ホテル2019年5月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

2019年5月15日付ニュースリリースの外観イメージ。 オフィス棟は薄くしているほか、ホテル棟も微妙に違います。 客室はダブル(約23~31㎡)202室、ツイン(約30~60㎡)102室の全304室。 全室バス・トイレ・洗面台が独立した造りとし、洗い場付きバスを採用しています。 付帯施設としてオールデイダイニング、ミーティングルーム、 ランドリーラウンジ、ジム、店舗などが設けられます。

メトロポリタンホテルズは2019年5月16日現在、東日本において12ホテルを展開しています。 今後は「鎌倉」が2020年3月、「川崎」が同5月に開業する予定です。 なぜか横浜にはなく、鎌倉が神奈川県初となりますね。



断面図

川崎駅西口開発計画

[JR東日本2018年5月18日付ニュースリリース(PDF)より引用]

オフィス低層棟は2階が商業フロア、3~5階がフィットネス&スパになります。



配置図

川崎駅西口開発計画

[JR東日本2018年5月18日付プレスリリース(PDF)より引用]

線路に面してオフィス高層棟とホテル棟が並びます。



概要

名 称
ホテル名ホテルメトロポリタン川崎
計画名川崎駅西口開発計画
所在地神奈川県川崎市幸区大宮町1-5ほか(地番)
最寄駅JR「川崎」駅
建築主東日本旅客鉄道株式会社
設計・監理株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所
・構造設計協力(オフィス棟):大成建設株式会社一級建築士事務所
・ホテルインテリアデザイン監修 :SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.
施 工大成建設株式会社
敷地面積12,429.60㎡
建築面積11,050.75㎡
延床面積136,468.85㎡(容積対象面積:117,586.34㎡)
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
棟 別オフィス高層棟オフィス低層棟ホテル棟
用 途オフィス賃貸面積:約66,000㎡
保育施設:約400㎡
駐車場:約200台
商業:約2,500㎡
フィットネス:約4,000㎡
客室数:約300室
店舗:約500㎡
階 数地上29階、地下2階地上5階、地下1階地上16階
高 さ128.25m(最高約135m)約27m約59m
着 工2018年6月14日(起工式:2018年5月18日)
竣 工2021年4月30日予定
開 業ホテル:2020年春予定/全体:2021年春予定
備 考 [運営会社](予定)
・オフィス・商業……………株式会社ジェイアール東日本ビルディング
・ホテル………………………日本ホテル株式会社
・フィットネス&スパ………株式会社ジェイアール東日本スポーツ

◆JR東日本2018年5月18日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆国土交通省2018年8月7日付プレスリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年5月16日



地図

建設地は「ミューザ川崎」の南側です。



2019年4月撮影

川崎駅西口開発計画

2019年4月13日撮影。JR川崎駅西口前の様子。左が「ミューザ川崎」、右が「ラゾーナ川崎東芝ビル」(地上15階・高さ71.88m)や「ラゾーナ川崎プラザ」です




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」方面に進みます。「ミューザ川崎」はオフィス、ショップ&レストラン、シンフォニーホールで構成。右の「ミューザ川崎セントラルタワー」は地上27階、高さ128.34mです。




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」の左側にクレーンが見えています。




川崎駅西口開発計画

「ミューザ川崎」隣接地にホテル棟が建ち上がっていました。




川崎駅西口開発計画

ホテル棟は16階まで成長します。




川崎駅西口開発計画

北西側から。客室は約300室、店舗は約500㎡の予定です。




川崎駅西口開発計画

その右手。奥にオフィス棟が出現します。




川崎駅西口開発計画

少し西に進んだ場所から見たホテル棟。




川崎駅西口開発計画

さらに進みました。オフィス棟建設地です。手前に5階建てのオフィス低層棟、奥に29階建てのオフィス高層棟が誕生します。




川崎駅西口開発計画

その左手。ホテル棟が少しだけ見えています。




川崎駅西口開発計画

右手。オフィス低層棟には商業フロアとフィットネス&スパが設けられます。




川崎駅西口開発計画

西側から。中央がオフィス高層棟建設地です。左奥にホテル棟が見えています。




川崎駅西口開発計画

拡大しました。オフィス高層棟建設地。




川崎駅西口開発計画

その右手。




川崎駅西口開発計画

左手。ホテル棟はオフィス棟より1年早く2020年春に開業する予定です。




川崎駅西口開発計画

南西側から。




川崎駅西口開発計画

その左手。「ミューザ川崎」です。




川崎駅西口開発計画

建設地の東側に移動しました。ホテル棟です、手前にJRの線路があります。




川崎駅西口開発計画

その左手。オフィス棟建設地。オフィス棟は2021年春に開業する予定です。




川崎駅西口開発計画の建築計画のお知らせ

前回撮影時に「約131m」だった高さは「128.25m」に直されています。 面積関係もより正確な数字に修正されました。 完了予定は2022年7月31日から2021年4月30日に繰り上げられ、未定だった施工者は大成建設に決まっています。 なお、2019年3月付「川崎駅西口開発計画に係る事後調査報告書(工事中)」によれば建物高さは約128m、塔屋等を含む最高高さは約135mです。 写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る