日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業


埼玉県川口市の「川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発準備組合」は、地上29階、地下2階、高さ約100m、延べ面積約67,300㎡の複合ビルを計画しています。 建物は総戸約480戸のマンションや商業・業務施設などで構成。 事業推進コンサルタントはパシフィック総合開発研究所、事業協力者は野村不動産と清水建設。 2017年5月1日に都市計画決定しました。 2018年の本組合設立、2019年度の権利変換計画認可を経て、2020年の着工、2022年の竣工を目指しています。



完成イメージ

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

[野村不動産2017年5月24日付ニュースリリ-ス(PDF)より引用]



位置図

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

[野村不動産2017年5月24日付ニュースリリ-ス(PDF)より引用]



全体概要

計画名川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
所在地埼玉県川口市川口栄町3丁目13番地および14番地の一部
最寄駅JR「川口」駅
建築主川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途共同住宅、商業・業務施設、駐車場
敷地面積約11,000㎡
建築面積約5,400㎡
延床面積約67,300㎡
構 造鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階 数高層棟:地上29階、地下2階
高 さ建築物の高さの最高限度 100m
着 工2020年
竣 工2022年
備 考 基本計画の作成業務:株式会社INA新建築研究所
事業推進コンサルタント:株式会社パシフィック総合開発研究所
事業協力者:野村不動産株式会社、清水建設株式会社

情報更新日:2017年5月26日



地図

建設地は「ザ・プライス」がある街区とその北側の街区の一部です。



航空写真

建設地の西側は「川口銀座通り商店街」(樹モール商店街)です。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る