日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX神奈川県川崎市


川崎市新本庁舎


川崎市は旧本庁舎跡地に地上25階、地下2階、高さ116m、延べ63,200㎡の新本庁舎を建設します。 設計は久米設計、施工は未定。 2019年7月に着工し、新本庁舎は2022年度に完成する予定です。 その後、第2庁舎解体工事と跡地整備を行い、2024年6月の全体完成を目指しています。



川崎市新本庁舎

2018年4月28日撮影。南西側から見た建設地。



完成イメージ

川崎市新本庁舎

現地にて2018年4月28日撮影

川崎市は2016年9月30日、「川崎市役所新本庁舎基本・実施設計業務委託」の受託者選定を公募型プロポーザル方式により久米設計に決定しました。 25階建ての超高層棟の南側に3階建ての低層棟を建ててアトリウムで接続します。 低層棟には旧本庁舎の時計塔や玄関など外観の一部が取り入れられます。



土地利用の計画図

川崎市新本庁舎

現地にて2017年7月8日撮影



予定行程

◆2016~2017年度:既存本庁舎解体(1階床から上部)
◆2016~2018年度:基本・実施設計
◆2019~2022年度:新本庁舎の建設工事(1階床から下の残存部分解体含む)
◆2022~2024年度:第2庁舎解体工事と跡地整備



概要

計画名川崎市新本庁舎
所在地神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地ほか
最寄駅京浜急行「京急川崎」駅、JR「川崎」駅
建築主川崎市
設 計株式会社久米設計
施 工
用 途庁舎(事務所)、駐車場
区域面積7,833.28㎡
建築面積約4,355㎡
延床面積約63,200㎡
構 造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)
基礎工法杭基礎
階 数地上25階+免震層、地下2階
高 さ約116m
着 工2019年7月上旬
竣 工2022年度予定(第2庁舎跡地広場は2024年6月下旬完成予定)

情報更新日:2018年5月8日

[航空写真はこちら]



地図



2018年4月撮影

川崎市新本庁舎

2018年4月8日撮影。JR川崎駅。




川崎市新本庁舎

駅前に「祝150万人都市」の飾りがありました。2018年4月1日現在の推計人口は150万9887人。現在も増え続けており、全国の市の中では7番目の大都市です。




川崎市新本庁舎

JR川崎駅から徒歩6分、京急川崎駅からなら徒歩4分ほどで建設地に到着します。旧庁舎は解体されて姿はありません。




川崎市新本庁舎

その左手。新緑の街路樹の奥に第2庁舎が佇んでいました。




川崎市新本庁舎

南東側から見た建設地。ちょっとわかりづらいですが。




川崎市新本庁舎

南側から見た建設地。




川崎市新本庁舎

市役所があったことがかろうじてわかります。




川崎市新本庁舎

手前は駐車場として利用され、奥に仮囲いが設置されています。大雑把に言えば駐車場部分に低層棟、奥に高層棟が建設されるものと思われます。




川崎市新本庁舎

その右手。




川崎市新本庁舎

左手。左が第2庁舎です。新本庁舎完成後に解体され、跡地は広場になります。




川崎市新本庁舎

振り返りと、第3庁舎が聳えていました。地上18階、地下4階、高さ80m。そのまま存続します。




川崎市新本庁舎

周りを巡ってみました。北東側からです。




川崎市新本庁舎

北西側から。仮囲いの一部が透明なアクリル板です。




川崎市新本庁舎

中を覗いてみました。地下解体工事は新築工事とセットで行うようなので、来年7月の着工までこのままなのでしょうね。予定行程によれば現在は実施設計を行っています。




川崎市新本庁舎

前回撮影時(2017年7月)は「事業計画の構想の概要」が掲示してありました。 今回は「事業計画のお知らせ」です。 内容的にはほぼ同じです。 工事完了予定は2024年6月下旬です。 カッコ内に「新本庁舎は2022年度完成予定、第2庁舎跡地広場は2024年度完成予定」と記載してあります。 写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る