日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都渋谷区


(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画


ドンキホーテホールディングスは東京都渋谷区道玄坂2丁目に地上28階、地下1階、高さ130m、延べ面積41,800㎡の超高層複合ビルを建設します。 建物は店舗、事務所、ホテル(300室)、駐車場、駐輪場で構成。 設計は東急設計コンサルタント、施工は未定。 2019年1月に着工し、2022年4月に完成する予定です。


◆日刊建設工業新聞2017年12月19日付記事は→こちら



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

2017年12月23日撮影。北から見た建設地。



概要

計画名(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号ほか(地番)
最寄駅JR・東急・京王・東京メトロ「渋谷」駅
建築主株式会社ドンキホーテホールディングス
設 計株式会社東急設計コンサルタント
施 工
用 途店舗、事務所、ホテル(300室)、駐車場、駐輪場
敷地面積5,737㎡
建築面積3,800㎡
延床面積41,800㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
階 数地上28階、地下1階(建築基準法上:地上27階、地下2階)
高 さ130m
着 工2019年1月7日予定
竣 工2022年4月末予定
備 考既存建物11棟解体工事工期:2018年1月9日~2019年2月28日(施工:熊谷組)

情報更新日:2017年12月23日

[航空写真はこちら]



地図



2017年12月撮影

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

2017年12月23日撮影。JR渋谷駅ハチ公口。奥に建設中の「渋谷スクランブルスクエア東棟」(地上47階・高さ229.706m)が見えます。渋谷駅周辺は超高層ビル建設ラッシュとなっています。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

ハチ公口前のスクランブル交差点。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

道玄坂方面へ進みます。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

「渋谷109」が現れます。左が「道玄坂」、右が「文化村通り」。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

「文化村通り」を進みます。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

やがて右手に「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」が現れます。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」。2017年5月12日に開業しています。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

そこから「文化村通り」を少し西に進むと左手に「ドン・キホーテ渋谷店」跡地が現れます。2017年5月7日に閉店しましたが、同年8月10日から年末までは「ドン・キホーテ期間限定ショップ」として再オープンしています。撮影時は開店前でシャッターが下りていました。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

その向かい側は「東急百貨店本店」です。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

北側から見た建設地の様子。「ドン・キホーテ渋谷店」跡地を含む既存建物11棟(延べ床面積8,048㎡)の解体工事が2018年1月9日から始まる予定です。工期は2019年2月28日まで。担当は熊谷組。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

建設地と「東急百貨店本店」。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

北西側から見た建設地。2022年4月末には店舗、オフィス、ホテル(客室300室)で構成された超高層ビルがここに誕生する予定です。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

街路の奥に入ると仮囲いが設置された敷地がありました。ここも建設地の一部です。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画の建築計画のお知らせ

ホテル等建築・変更計画概要。建築基準法上は地上27階、地下2階です。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画の建築計画のお知らせ

解体工事のお知らせ。工期は2018年1月9日~2019年2月28日です。




(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

最後は「東急百貨店本店」前のクリスマスツリー。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る