日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

みなとみらい21地区58街区


鹿島建設、三井住友海上火災保険、住友生命保険の3社は横浜市西区の「みなとみらい21地区58街区」にオフィス、商業、にぎわい施設などで構成する複合ビルを建設します。 規模は地上21階、地下1階、高さ113.9m、延べ80,480㎡。 2019年4月に着工し、2021年7月に完成する予定です。


◆横浜市2017年10月20日付記者発表資料(PDF)は→こちら



完成イメージ

みなとみらい21地区58街区

[横浜市2017年10月20日付記者発表資料(PDF)より引用]


横浜市は2017年10月20日、「みなとみらい21地区58街区」の事業予定者が、鹿島建設を代表企業とするグループ(構成企業:三井住友海上火災保険、住友生命保険)に決定したことを発表しました。

提案によれば、地下1階が駐車場等、1階が飲食、物販店舗、2階がプラネタリウム、デジタルプラネットカフェ、保育所、3階がイノベーターズコミュニティラウンジ、インキュベートオフィス、カンファレンススクエア、アーバンテラス、4階がクリニックモール、5~21階がオフィスになります。



概要

計画名(みなとみらい21地区58街区)
所在地横浜市西区高島一丁目2番50ほか(地番)
最寄駅みなとみらい線「新高島」駅
建築主代表企業:鹿島建設株式会社
構成企業:三井住友海上火災保険株式会社、住友生命保険相互会社
設 計
施 工
用 途オフィス、商業、にぎわい施設等
敷地面積9,307.95㎡
建築面積
延床面積80,480㎡
構 造
基礎工法
階 数地上21階、地下1階
高 さ113.9m
着 工2019年4月予定
竣 工2021年7月予定
備 考

最終更新日:2017年10月24日

[航空写真はこちら]



地図

みなとみらい線「新高島駅」のすぐそばです。



2017年9月撮影

みなとみらい21地区58街区

2017年9月29日撮影。みなとみらい線・新高島駅(地下駅)付近で「(仮称)京急グループ本社ビル」(地上17階・高さ88.55m)の建設が始まっています。2019年6月に完成する予定です。




みなとみらい21地区58街区

その西側が「みなとみらい21地区58街区」です。




みなとみらい21地区58街区

ここに鹿島建設を代表企業とするグループが地上21階、地下1階、高さ113.9m、延べ80,480㎡の、オフィスを主体としたビルを建設します。最近、新高島駅付近では企業の進出が活発です。応募要項を見ると建物高さは最高限度300m、最低限度60mに設定されています。たださすがに300mのビルを建てる事業者は現れませんね。




みなとみらい21地区58街区

「58街区」の南側では「みなとみらい本町小学校」が建設されていました。2018年4月に開校する予定です。




みなとみらい21地区58街区

横浜ランドマークタワーからの眺め。北西側です。




みなとみらい21地区58街区

「58街区」にズームイン。その北側には「横浜三井ビルディング」(地上30階・高さ152.5m)や「日産自動車グローバル本社」(地上22階・高さ99.4m)があります。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る