日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画


あいおいニッセイ同和損害保険は東京都多摩市の京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」付近に地上17階、高さ82.7m(最高82.7m)、延べ25,021㎡の高層ビルを建設します。 用途は事務所(研修所)、寄宿舎。 設計・施工は大成建設。 2018年6月に着工し、2021年10月に完成する予定です。



(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

2017年10月18日撮影



概要

計画名(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画
所在地東京都多摩市関戸1丁目7番2(地番)
東京都多摩市関戸1丁目7番(住居表示)
最寄駅京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅
建築主あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
設 計大成建設株式会社一級建築士事務所
施 工大成建設株式会社東京支店
用 途事務所(研修所)、寄宿舎
敷地面積11,573.48㎡
建築面積3,843㎡
延床面積25,021㎡
構 造鉄骨造
基礎工法直接基礎
階 数地上17階、地下0階
高 さ82.7m(最高82.7m)
着 工2018年6月15日予定
竣 工2021年10月31日予定
備 考

最終更新日:2017年10月21日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」の目の前です。



2017年10月撮影

(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

2017年10月18日撮影。聖蹟桜ヶ丘駅の駅ビルである「京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター(略称せいせき)B館」より「せいせきC館」を見ています。




(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

その右手(東側)の様子。「あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター」が解体されています。




(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

その右手には「京王電鉄本社ビル」があります。




(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

地上に降りました。「せいせきB館」です。




(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

その右手。「せいせきC館」です。「せいせきC館」は地上10階 地下1階。高層部はオフィスです。




(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

その右手。現地の作業工程によれば大成建設が内装解体、アスベスト除去、足場組立を進めています。




(仮称)あいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センター建替計画

新築工事には2018年6月15日に着手し、2021年10月末に竣工する予定です。




の建築計画のお知らせ

法令上の高さ及び最高部の高さはともに82.7mです。写真クリックで拡大画像を表示。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る