日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

常盤橋街区再開発プロジェクト D棟


常盤橋街区再開発プロジェクトD棟は、三菱地所が東京都千代田区大手町2丁目に建設中の地上9階、地下3階、高さ約65m、延べ約30,000㎡の複合ビルです。 地上階は主に東京都下水道局の事務所となり、地下及び低層階の下水ポンプ所は東京都下水道局の所有になります。 設計は三菱地所設計と日本水工設計、施工は三井住友建設。 2017年4月末に着工しました。 2021年12月末に竣工する予定です。


◆三菱地所2017年4月17日付報道発表資料(PDF)は→こちら
◆常盤橋街区再開発プロジェクトについて(当HP)は→こちら



常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

2017年9月10日撮影。日本ビル北側部分の地下躯体解体工事が進められていました。解体工事の工期は2017年4月1日~2019年8月15日です。



完成イメージ(北西側から)

常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

[三菱地所2017年4月17日付報道発表資料(PDF)より引用]



概要

計画名大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事 D棟
所在地東京都千代田区大手町二丁目8番地55の一部(地番)
最寄駅JR「東京」駅、地下鉄「大手町」駅、地下鉄「三越前」駅
建築主三菱地所株式会社
設 計株式会社三菱地所設計、日本水工設計株式会社
施 工三井住友建設株式会社
用 途事務所、下水ポンプ所、駐車場等
敷地面積約3,800㎡
建築面積
延床面積約30,000㎡
構 造地下:鉄骨鉄筋コンクリート造  地上:鉄骨造
基礎工法
階 数地上9階、地下3階
高 さ約65m
着 工2017年4月末(地鎮祭:2017年4月17日)
竣 工2021年12月末予定

更新日:2017年10月4日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は東京駅の北側です。



2017年3月撮影

常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

2017年3月28日撮影。 日本ビルはすべて解体するのかと思っていましたが違いました。 日本ビル南側地下の一部に「東京都下水道局銭瓶町ポンプ所」があるため、新しいポンプ所が完成するまでは解体できないのでした。 日本ビル南側部分は耐震化と外壁新設工事も行われています。 新ポンプ場が完成するまではオフィス部分にテナントも入れるようです。 なお、D棟建設地は写真右側です。




常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

その右手では「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」が進行中です。




常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

すぐそばに「渋沢栄一像」があります。




常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

北東側から見た建設地。解体された日本ビル北側部分の西半分(写真奥)にD棟が建ちます。




常盤橋街区再開発プロジェクト D棟

その左手の様子。旧JXビルの解体工事も始まっていました。旧JXビルと大和呉服橋ビルの跡地に高さ約230mのA棟が建設されます。A棟はD棟よりも少し早い2021年度上期には完成する予定です。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る