日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

新橋田村町地区市街地再開発事業


東京都港区の新橋田村町(しんばしたむらちょう)地区市街地再開発準備組合は、西新橋1丁目に地上27階、地下2階、高さ150m(最高150m)、延べ106,000㎡の超高層ビルを計画しています。 用途は業務、商業、業務支援、文化・交流、生活支援など。 設計は清水建設・日建設計JV、施工は未定。 2017年度中に本組合設立及び権利変換計画の認可を予定し、2018年4月初旬の着工、2021年3月末の完成を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2017年10月17日付記事は→こちら



新橋田村町地区第一種市街地再開発事業

2017年11月12日撮影。既存建物の解体工事が行われていました。



完成イメージ

新橋田村町地区第一種市街地再開発事業

[東京都都市整備局HPより引用]

南西側から見ています。



位置図

新橋田村町地区第一種市街地再開発事業

[東京都都市整備局HPより引用]

建設地のあたりはかつて田村町と呼ばれていたようです。 現在は田村町という地名はありません。



全体概要

計画名新橋田村町地区市街地再開発
所在地東京都港区西新橋1丁目4番地ほか(地番)
東京都港区西新橋1丁目1(住居表示)
最寄駅都営三田線「内幸町」駅
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅
東京メトロ千代田線「霞が関」駅
建築主新橋田村町地区市街地再開発準備組合
設 計清水建設・日建設計設計共同企業体
施 工
用 途事務所、店舗、駐車場等
敷地面積7,688.5㎡
建築面積4,600㎡
延床面積106,000㎡
構 造鉄骨造
基礎工法杭基礎
階 数地上27階、地下2階、塔屋1階
高 さ150m(最高150m)
着 工2018年4月1日予定
竣 工2021年3月31日予定
備 考地権者として三井物産都市開発が参画

更新日:2017年11月15日

[航空写真はこちら]

地図

清水建設が三井物産都市開発の物産ビル別館、日本酒造会館、トクヤマビル本館、トクヤマビル別館などを解体しています。



2017年11月撮影

新橋田村町地区市街地再開発事業

2017年11月12日撮影。南西側から見た建設地。左奥は「飯野ビルディング」(地上27階・高さ147m)です。ほぼ同じ高さのビルが建つことになります。




新橋田村町地区市街地再開発事業

愛宕通りに面する「東京桜田ビル」(地上9階・地下4階)が解体されています。




新橋田村町地区市街地再開発事業

さてここで解体工事の状況を確認しておきましょう。B工区~G工区に分けられています。D工区が「東京桜田ビル」です。




新橋田村町地区市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

D工区では「地上躯体解体」が進められているのがわかります。写真クリックで拡大画像を表示。




新橋田村町地区市街地再開発事業

「東京桜田ビル解体工事」の工期は2017年4月8日~2018年2月28日です。




新橋田村町地区市街地再開発事業

建設地北側を進んでいきます。




新橋田村町地区市街地再開発事業

E工区では「日本酒造会館」(地上8階・地下1階)が解体されています。「日本酒造会館解体工事」の工期は2017年4月24日~2018年2月28日です。




新橋田村町地区市街地再開発事業

右の空地はF工区です。外部足場組立が行われています。そして中央のG工区では「物産ビル別館」(地上9階・地下2階)の解体が進められています。




新橋田村町地区市街地再開発事業

その北側に建つ「日比谷パークフロント」(地上21階・高さ108.975m)。今年5月に竣工したばかりです。




新橋田村町地区市街地再開発事業

北東側から見たG工区(物産ビル別館)。「物産ビル別館/地上解体工事」の工期は2017年7月10日~同年12月27日です。




新橋田村町地区市街地再開発事業

東側から見た建設地。右がG工区(物産ビル別館)。左は、手前がC工区、奥がB工区です。C工区では地中障害撤去、B工区では地下解体工事が進められています。




新橋田村町地区市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

建築計画のお知らせが掲示されました。法令上の高さ、最高部の高さはともに150mです。2018年4月に着工し、2021年3月に完成する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る