日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画


東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産の3社は、東京都江東区豊洲5丁目に地上50階、地下1階、高さ約180m、総戸数約1,230戸の超高層マンションを建設します。 2017年11月30日に都市計画決定が告示されました。 2018年度の着工、2021年度の竣工を目指しています。


◆2017年11月30日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画

[2017年11月30日付ニュースリリースより引用]



配置図

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画

[2017年11月30日付ニュースリリースより引用]



概要

計画名(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
所在地東京都江東区豊洲5丁目1号
最寄駅ゆりかもめ「豊洲」駅、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅
建築主東急不動産株式会社、株式会社NIPPO、大成有楽不動産株式会社
設 計
施 工
敷地面積約24,300㎡
建物名称(仮称)全体住宅棟生活利便施設棟保育所棟
用 途共同住宅店舗保育所
建築面積
延床面積約148,000㎡約145,000㎡約1,600㎡約1,400㎡
構 造
階 数地上50階、地下1階地上2階地上2階
高 さ約180m約10m約10m
着 工2018年度予定
竣 工2021年度予定

最終更新日:2017年12月2日

[航空写真はこちら]



地図

建設地はゆりかもめ及び東京メトロ有楽町線「豊洲駅」の南西側です。



2017年8月撮影

2017年8月25日撮影。ゆりかもめ(北側)から見た建設地。手前は既存の変電所です。




中央に住宅棟、左に保育所棟が建設されます。




中央奥に豊洲西小学校があります。増築のための土地が一部譲渡されます。




駐車場として利用されている場所に生活利便施設棟(店舗)が整備されます。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る