日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

豊洲地区1-1街区


東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産は、東京都江東区豊洲5丁目に地上50階、高さ180m、総戸数1200戸の超高層マンションを建設します。 2017年11月の都市計画決定、2018年度の着工、2021年度の竣工を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2016年12月13日付記事は→こちら



完成イメージ

豊洲地区1-1街区

[建設通信新聞2016年12月13日付記事より引用]

豊洲地区1-1街区は、A街区とB街区で構成されています。 A街区には地下変電所(地上1階・地下3階)が建設されます。 B街区には超高層マンションのほかに、生活利便施設(地上2階)や定員220人の保育所(地上2階)が建設されます。



豊洲地区1-1街区 概要

計画名豊洲地区1-1街区
所在地東京都江東区豊洲5丁目
最寄駅ゆりかもめ「豊洲」駅、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅
建築主東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設 計
施 工
街 区A街区B街区
地下変電所住宅棟生活利便施設保育所
用 途変電所共同住宅(約1200戸)
駐車場(410台)
生活利便施設保育所(定員220人)
敷地面積約2.6ha
建築面積
延床面積約3,300㎡約145,000㎡約1,600㎡約1,400㎡
構 造
階 数地上1階
地下3階
地上50階地上2階地上2階
高 さ
着 工2018年度予定
竣 工2021年度予定

最終更新日:2016年12月13日



地図

建設地は、ゆりかもめ及び東京メトロ有楽町線「豊洲駅」の南西側です。



航空写真

矢印の場所に超高層マンションが建設されます。 このほか、地下変電所がマンションの北側に、生活利便施設が南西側に、保育所が東側にそれぞれ設置されます。 写真右下は区立豊洲西小学校です。同小増築校舎のため、隣接する土地(敷地面積約2,600㎡)を開発事業者が区に譲渡します。 増築校舎は2020年度に着工し、2021年度に完成する予定です。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る