日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)小杉駅北口地区開発計画


三井不動産レジデンシャルが川崎市中原区に高さ約170m、延べ面積約5万㎡の超高層マンションを計画しています。 2018年度着工、2021年度竣工を目指しています。

◆建設通信新聞2016年8月18日付記事は→こちら



航空写真

建設地は2016年8月現在、駐車場(矢印上)と業務ビル(矢印下)として利用されています。計画では右側の「武蔵小杉駅」と左上の「小杉町2丁目地区開発計画」とを結ぶ歩行者用デッキも整備されます。



2015年11月撮影

(仮称)小杉駅北口地区開発計画

建設地の様子(手前の駐車場)。建設地北側には地上23階、高さ100mの「武蔵小杉タワープレス」が立っています。



事業スケジュール(予定)

◆2017年度:環境アセスメント評価書公告・都市計画手続き・既存建物解体着手
◆2018年度:新築工事着手
◆2021年度:竣工



概要

計画名(仮称)小杉駅北口地区開発計画
所在地神奈川県川崎市中原区小杉町1丁目
最寄駅JR・東急「武蔵小杉」駅
建築主三井不動産レジデンシャル
設 計
施 工
用 途共同住宅、商業施設
敷地面積約0.4ha
建築面積
延床面積約50,000㎡
構 造
階 数
高 さ約170m
着 工2018年度予定
竣 工2021年度予定

情報更新日:2016年8月18日



地図

最寄り駅の「武蔵小杉駅」には東急東横線、JR南武線、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインが乗り入れています。 ただしJR横須賀線、JR湘南新宿ラインのホームは少し離れています。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る