日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業


東京都は2018年11月9日、浜松町二丁目地区市街地再開発組合の設立を認可しました。 同組合は第一種市街地再開発事業の施行者となり、東京都港区浜松町2丁目に約400戸の住宅と文化芸術ホールを中心とした施設建築物を整備します。 規模は地上47階、地下3階、高さ約190m、延べ面積約74,170㎡。 参加組合員は世界貿易センタービルディングと鹿島建設。 2019年8月の権利変換計画認可を経て2020年1月に工事に着手する予定で、2026年3月の竣工を目指しています。

◆東京都都市整備局2018年11月8日付報道発表資料は→こちら
◆鹿島建設2018年11月14日付プレスリリースは→こちら



完成イメージ

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

[東京都2018年11月8日付報道発表資料より引用]



断面イメージ

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

[東京都2018年11月8日付報道発表資料より引用]

施設は高層棟と低層棟で構成します。マンション、オフィス、店舗のほか、港区立文化芸術ホールを整備。約600席の大ホールや約100席の小ホールなどが設けられます。



位置図

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

[東京都2018年11月8日付報道発表資料より引用]

事業地北側のB地区に2018年8月、「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階・高さ156m)が完成しました。 事業地東側のA地区ではA-3棟である「世界貿易センタービルディング南館」(地上42階・高さ197.321m)の建設が始まっています。 事業地北東側の「世界貿易センタービルディング」(地上40階・高さ162.59m)は、地上42階、高さ約200mのA-1棟「世界貿易センタービルディング本館」に建て替えられます。



配置図

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

[東京都2018年11月8日付報道発表資料より引用]



概要

事業名東京都市計画事業 浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区浜松町二丁目地内
最寄駅JR・東京モノレール「浜松町」駅、都営地下鉄「大門」駅
建築主浜松町二丁目地区市街地再開発組合
設 計基本設計:アール・アイ・エー
施 工
用 途住宅(約400戸)、事務所、公益施設、店舗など
地区面積約0.7ヘクタール
敷地面積
建築面積
延床面積約74,170㎡
構 造
階 数地上47階、地下3階
高 さ約190m
着 工2020年1月予定
竣 工2026年3月予定
備 考 ◆特定業務代行者・参加組合員…鹿島建設(代表)、世界貿易センタービルディング
◆総事業費…約515億円

最終更新日:2018年11月17日



地図

歩行者デッキで浜松町駅と結ばれます。



2016年10月撮影

浜松町二丁目C地区再開発

2016年10月2日撮影。世界貿易センタービルから北側を見ています。事業地は右側です。




浜松町二丁目C地区再開発

わかりやすいように色分けしてみました。C地区が事業地です。




浜松町二丁目C地区再開発

北西側から見た事業地。




浜松町二丁目C地区再開発

南西側から見た事業地。





日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る