日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業


東京都豊島区の「東池袋四丁目2番街区市街地再開発組合」は、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」隣接地に地上36階、地下2階、高さ125m、総戸数232戸の超高層マンションを建設します。 特定業務代行者は前田建設と野村不動産、参加組合員は野村不動産、事業コンサルタントは日建設計。 東京都は2017年10月20日、組合設立を認可しました。 2018年9月の権利変換計画認可を経て、2019年6月の本体着工、2022年4月の竣工を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2017年10月20日付記事は→こちら
◆野村不動産2017年8月9日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

東池袋四丁目2番街区市街地再開発

[野村不動産2017年8月9日付ニュースリリース(PDF)より引用]

1階が店舗、2階が子育て支援施設、3階が事務所、4階以上が住宅になります。



事業スケジュール

  • 2012年10月:準備組合設立
  • 2013年02月:前田建設工業及び野村不動産を事務局支援者に選定
  • 2017年03月:都市計画決定
  • 2017年10月:組合設立認可
  • 2018年09月:権利変換計画認可(予定)
  • 2019年06月:工事着工(予定)
  • 2022年04月:竣工(予定)


概要

計画名東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都豊島区東池袋四丁目2番
最寄駅東京メトロ有楽町線「東池袋」駅
都電荒川線「東池袋四丁目」電停
建築主東池袋四丁目2番街区市街地再開発組合(予定)
設 計
施 工
用 途住宅(約230戸)、店舗、事務所、駐車場、駐輪場
敷地面積約2,660㎡
建築面積
延床面積30,649㎡
構 造鉄筋コンクリート造
階 数地上36階、地下2階
高 さ125m
着 工2019年6月
竣 工2022年4月
備 考 特定業務代行者:前田建設、野村不動産
参加組合員:野村不動産
事業コンサルタント:日建設計
事業費:166億円

情報更新日:2017年10月20日



地図

東京メトロ有楽町線「東池袋駅」とは地下通路で直結されます。



航空写真

拡大しました。 矢印を中心とした街区が再開発されます。 街区の南側にある都電荒川線の線路に沿う形で都市計画道路も新設されます。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る