日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

神戸阪急ビル東館 建替計画


阪急電鉄は神戸三宮駅の駅ビル「神戸阪急ビル東館」を地上29階、地下3階、高さ約120mの超高層複合ビルに建て替えます。 新ビルは商業施設や駅施設(B2F~3F)、オフィス(4F~15F)、ホテル(17F~28F)、展望フロア・レストラン(29F)などで構成。 設計は久米設計、施工は大林組。 2017年7月3日、東側部分の新築工事に着手しました。 2018年秋頃に西側部分の解体工事や新築工事及び高層部工事を開始し、2021年春に完成する予定です。

◆阪急電鉄2017年7月3日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

神戸阪急ビル東館 建替計画

[阪急電鉄2016年4月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]

低層部は初代「神戸阪急ビル東館」の外観を取り入れています。17~28階は宿泊特化型ホテル「レム」(約200室)の予定です。



フロア構成

神戸阪急ビル東館 建替計画

[阪急電鉄2016年4月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]


29F展望フロア・レストラン
17F~28F宿泊特化型ホテル「レム」(約200室)
16F機械室ほか
4F~15Fオフィス
B2F~3F商業施設ほか
B2F~2F駅コンコース・地下鉄への連絡通路など
B3F機械室ほか


位置図

神戸阪急ビル東館 建替計画

[阪急電鉄2016年4月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]



概要

計画名神戸阪急ビル東館 建替計画
所在地兵庫県神戸市中央区加納町4丁目2番1号
最寄駅阪急「神戸三宮」駅
阪神「神戸三宮」駅
神戸市営地下鉄「三宮」駅
JR「三ノ宮」駅
ポートライナー「三宮」駅
建築主阪急電鉄株式会社
設 計株式会社久米設計
施 工株式会社大林組
用 途ホテル、オフィス、商業施設、駅施設など
敷地面積7,106.44㎡(駅高架下範囲等を含む)
建築面積6,369.61㎡
延床面積35,287.64㎡(容積対象面積:33,840.90㎡)
構 造鉄骨造(地下部:鉄骨鉄筋コンクリート造)
階 数地上29階、地下3階、塔屋2階
高 さ約120m
着 工2017年7月3日(2016年夏解体工事着手)
竣 工2021年5月30日予定
開 業2021年5月30日予定

情報更新日:2017年7月29日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は神戸の中心「三宮」です。



2016年11月撮影

神戸阪急ビル東館 建替計画

2016年11月29日撮影。JR三ノ宮駅(東側)から見た建設地。既存建物の解体工事が進められています。




神戸阪急ビル東館 建替計画

北東側から。




神戸阪急ビル東館 建替計画

「さんきたアモーレ広場」があった場所に現場事務所が設けられています。




神戸阪急ビル東館 建替計画

同じ場所からJR三ノ宮駅方面を望みました。




神戸阪急ビル東館 建替計画

お知らせ。




神戸阪急ビル東館 建替計画

北西側から見た現場事務所と「神戸阪急ビル東館」(右奥)。




神戸阪急ビル東館 建替計画

北西側から見た「神戸阪急ビル東館」。ビル内の全13店舗は2016年1月11日限りで営業を終了しています。




神戸阪急ビル東館 建替計画

解体工事に伴う通路閉鎖のご案内。写真クリックで拡大画像を表示。




神戸阪急ビル東館 建替計画

労災保険関係成立票の事業の期間は2016年2月15日~2021年1月31日です。竣工するのは2021年1月末のようです。写真クリックで拡大画像を表示。




2013年5月撮影

神戸阪急ビル東館 建替計画

2013年5月14日撮影。 撮影時の「神戸阪急ビル東館」は地上3階、地下1階、高さ約11.5m。 三宮のシンボルとして親しまれていた初代のビルが1995年1月の阪神・淡路大震災で被災。 同年12月に暫定的な建物として開業しました。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る