日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX長崎県長崎市


新大工町地区第一種市街地再開発事業


長崎市の新大工町地区市街地再開発組合は地上26階、地下1階、延べ約35,700㎡の共同住宅・商業施設・業務施設・駐車場及び地上12階、延べ約11,300㎡の業務施設・駐車場を建設します。 2018年2月1日付で本組合を設立しました。 特定業務代行者は戸田建設(代表企業)、アール・アイ・エー、上滝、谷川建設に決定。 2018年秋ごろまでに権利変換計画の認可を受け、解体工事に着手。 2021年度の完成を目指しています。


◆建設通信新聞2018年2月6日付記事は→こちら



完成イメージ

新大工町地区第一種市街地再開発事業

[大京グループ2017年2月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

左が北街区、右が南街区です。 両街区はブリッジで結ばれます。 北街区の26階建て複合ビルは、地下1階が駐車場、地上1~3階が商業施設、4~26階が分譲マンションになります。 南街区の12階建て駐車場ビルの11~12階はオフィスになります。

施設建築物基本設計は森ビル都市企画・入江三宅設計事務所JV、事業協力者は森ビル都市企画、参加組合員は大京と穴吹工務店です。



再開発対象区域図

新大工町地区第一種市街地再開発事業

[大京グループ2017年2月15日付ニュースリリース(PDF)より引用]

「長崎玉屋」は1969年に開業。7階建てで売り場面積は11,129㎡。1階の西側には「新大工町市場」が入居しました。「長崎玉屋」は2014年2月末に閉店。「新大工町市場」は存続しています。 「長崎玉屋」の1階東側は2014年4月30日から2015年1月10日まで「長崎玉屋フード&イートイン」、2015年1月21日から2016年8月31日までは「マルタマストア新大工店」として営業していました。 「新大工町市場」も2017年3月18日をもって閉鎖されました。 「長崎玉屋」の建物などがある場所が北街区、「菱興パーキングセンター」がある場所が南街区です。



概要

計画名新大工町地区第一種市街地再開発事業
所在地長崎県長崎市新大工町及び伊勢町の一部
最寄駅長崎電軌「新大工町」電停
建築主新大工町地区市街地再開発組合
設 計基本設計:森ビル都市企画・入江三宅設計事務所JV
実施設計:アール・アイ・エー
施 工戸田建設・上滝・谷川建設JV(既存建物解体工事含む)
用 途北街区:共同住宅・商業施設・業務施設・駐車場
南街区:業務施設・駐車場
施工区域面積約0.7ha
敷地面積約5,000㎡(北街区:約3,800㎡/南街区:約1,200㎡)
建築面積
延床面積約47,000㎡(北街区:約35,700㎡/南街区:約11,300㎡)
構 造
基礎工法
階 数北街区:地上26階、地下1階
南街区:地上12階
高 さ
着 工2018年秋解体工事着手予定
竣 工2021年度予定
備 考

更新日:2018年3月24日

[航空写真はこちら]



地図

長崎電軌「新大工町電停」の北側が北街区、南側が南街区です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る