日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業


東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設などが共同出資した青山共創(株)は、東京都港区北青山3丁目に地上25階、地下1階、高さ89.90m(最高99.90m)、延べ34,800㎡の複合施設を建設します。 建物は賃貸住宅(229戸)、サービス付き高齢者向け住宅(49戸)、店舗、認可保育所、地域交流施設で構成。 設計・施工は鹿島建設。 2018年3月1日に着工しました。 2020年5月に完成する予定です。


◆2018年3月1日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

[2018年3月1日付ニュースリリース(PDF)より引用]


本事業の事業主体は、東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャ ル、鹿島建設などの共同出資により本施設の整備のために設立された「青山共創株式会社」です。



配置図

北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

[東京都都市整備局 説明会資料(PDF)より引用]

20階建ての(仮称)都営北青山三丁目団地(A地区)と民活事業の25階建てマンション(B地区)が並ぶことになります。

◆東京都都市整備局HPは→こちら



概要

計画名(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業
所在地東京都港区北青山三丁目227番4(地番)
最寄駅東京メトロ 銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
建築主青山共創株式会社(以下構成企業)

東京建物株式会社(代表企業)
三井不動産株式会社
三井不動産レジデンシャル株式会社
鹿島建設株式会社
前田建設工業株式会社
東京建物シニアライフサポート株式会社
設 計鹿島建設株式会社一級建築士事務所
施 工鹿島建設株式会社
用 途賃貸住宅(229戸)、サービス付き高齢者向け住宅(49戸)、店舗、認可保育所、地域交流施設
敷地面積7,895.01㎡
建築面積2,900.36㎡
延床面積35,312.15㎡(ニュースリリースでは約34,800㎡)
構 造鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法杭基礎
階 数地上25階、地下1階
高 さ89.90m(最高99.90m)(ニュースリリースでは約90m)
着 工2018年3月1日
竣 工2020年5月31日予定
備 考 ・外装デザイン監修:株式会社隈研吾建築都市設計事務所
・ランドスケープデザイン監修:株式会社ランドスケープ・プラス
・樹種選定アドバイザリー:東京農業大学教授 濱野周泰

最終更新日:2018年3月3日

[航空写真はこちら]



地図

東京メトロの3路線が乗り入れる「表参道駅」が最寄り駅です。



2017年11月撮影

北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

建設地付近の歩道橋から見た青山通りの様子。「外苑前駅」方面を見ています。右側に10月末に竣工したばかりの「エイベックス本社ビル」があります。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

エイベックス本社ビル。地上18階、地下2階、高さ102.6m。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

同じ歩道橋から表参道駅方面を見ました。右側に「青山高野ビル」があります。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

「青山高野ビル」と「区立青山児童館」の間の道路が、青山通りから建設地への唯一の進入路になります。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

この道を進んでいきます。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

道を進むとすぐ左手に工事現場があります。敷地奥に20階建ての「(仮称)都営北青山三丁目団地」が建設され、手前に「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」の25階建てマンションが建ちます。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

道の反対側にはまだ共同住宅が並んでいます。こちらも開発される予定です。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

先ほどの道をもう少し進み振り返りました。右が建設地です。




北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」の建築計画のお知らせ。竣工予定は2020年5月末です。「(仮称)都営北青山三丁目団地」の竣工予定が2019年9月末なので、8か月ほど遅れて完成することになります。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る