日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業


滋賀県草津市の「北中西・栄町地区市街地再開発組合」は、JR草津駅前に地上26階、総戸数265戸の超高層マンションを建設します。 1~2階には店舗も設置。 参加組合員は旭化成不動産レジデンス、設計は昭和設計、施工は西松建設。 2017年9月に着工し、2020年3月に完成する予定です。



完成イメージ

北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業

[建設通信新聞2016年12月7日付記事より引用]

北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業では地上26階建ての高層棟のほか、地上4階建ての低層棟も建設されます。 低層棟にはサービス付き高齢者住宅と店舗を設置。 参加組合員の旭化成不動産レジデンスは、高層棟住宅床の取得・販売と、低層棟のサービス付き高齢者住宅床を取得・賃貸します。



位置図

北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業

[草津市役所HPより引用]



概要

計画名北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業
所在地滋賀県草津市大路1丁目
最寄駅JR「草津」駅
建築主北中西・栄町地区市街地再開発組合
設 計昭和設計
施 工西松建設
棟 別高層棟低層棟
用 途4~26階 共同住宅(265戸)
3階 共用部
1~2階 店舗(主に地権者用)
3~4階 サービス付き高齢者住宅
1~2階 店舗(主に地権者用)
敷地面積約5,700㎡(地区面積:約6,700㎡)
建築面積
延床面積約41,600㎡
構 造RC造RC造
階 数地上26階地上4階
高 さ
着 工2017年9月予定(解体工事2017年2月予定)
竣 工2020年3月予定
備 考 参加組合員:旭化成不動産レジデンス
コンサルタント:山岡事務所、昭和設計、地域経済研究所
基本設計:昭和設計
特定業務代行者:西松建設

情報更新日:2017年5月10日

[航空写真はこちら]



地図

建設地はJR草津駅の南東側です。



2014年12月撮影

エルティ932

草津駅東口には再開発事業でいくつかの高層ビルが建設されています。 写真は「エルティ932」(ガーデンシティ草津)。 地上18階。 事業名は「草津駅前A地区第一種市街地再開発事業」。 施工期間は1985年~1988年。




北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業

「TOWER・111」(リーデンスタワー草津)。 地上32階、高さ111m。 事業名は「大路中央地区第一種市街地再開発事業」。 施工期間は2001年~2004年。 「北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業」はこの北側で施工されます。




北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業

「ザ・草津タワー」。 地上29階、高さ105m。 事業名は「渋川一丁目2番地区第一種市街地再開発事業」。 施工期間は2006年~2009年。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る