日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業


旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発組合は、JR浜松駅前に地上30階、高さ112.26m(最高116.76m)、延べ面積約41,800㎡の複合ビルを建設します。 建物は住宅(約210戸)、業務施設、店舗、駐車場(約230台)で構成。 特定業務代行者は西松建設・須山建設・中村組JV。 2017年度に権利変換計画の認可を得て、建築工事に着手。2020年3月頃の竣工を目指しています。

◆建設通信新聞2016年11月9日付記事は→こちら
◆旭・板屋地区第一種市街地再開発事業 公共事業再評価説明資料(PDF)は→こちら



断面図

旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

[旭・板屋地区第一種市街地再開発事業 公共事業再評価説明資料(PDF)より引用]

A-2地区の建物は、1階に店舗、2~6階に駐車場、7~8階に業務施設、9~30階に住宅が配置されています。高さは112.26m、最高高さは116.76mです。

A-1地区には個人施行で、地上17階、高さ59.9m、延べ面積約9,500㎡の複合ビルが計画されています。 用途は、ホテル、高齢者施設、業務施設、店舗。 2019年2月頃に竣工する予定です。




位置図

旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

[旭・板屋地区第一種市街地再開発事業 公共事業再評価説明資料(PDF)より引用]

隣接地には「D'グラフォート浜松 D's Tower」(地上34階・高さ116.5m)や「シティタワー浜松」(地上32階・高さ113.6m)が立っています。




概要

計画名旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業
所在地静岡県浜松市中区旭町、板屋町
最寄駅JR「浜松」駅、遠州鉄道「第一通り」駅
建築主旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発組合
特定業務代行者西松建設・須山建設・中村組JV
設 計
施 工
用 途住宅(約210戸)、業務施設、店舗、駐車場(約230台)
敷地面積約3,570㎡
建築面積約2,100㎡
延床面積約41,800㎡
構 造鉄筋コンクリート造
階 数地上30階、地下0階
高 さ112.260m(最高116.760m)
着 工2017年度予定
竣 工2020年3月予定

情報更新日:2016年11月10日

[航空写真はこちら]



地図

建設地はJR浜松駅の北側です。



2013年9月撮影

旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

2013年9月20日撮影。「アクトシティ浜松」側から見たJR浜松駅。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

その右手の様子。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

そのさらに右手の様子。中央が建設地です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

接近しました。中央手前の建物群がA-1地区、その奥がA-2地区です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

「D'グラフォート浜松 D's Tower」。地上34階、高さ116.5m、2006年竣工。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

「シティタワー浜松」。地上32階、高さ113.6m、2010年竣工。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

A-2地区は左下です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

撮影時は平置き駐車場として利用されていました。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

浜松市のシンボル「アクトタワー」。地上45階、高さ212.77m、1994年竣工。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

45階の展望回廊から。建設地は中央です。




旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業

計画通りなら、ほぼ同じ高さの建物が3棟並ぶことになります。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る