日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業


さいたま市大宮区の「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合」は、地上18階、地下2階、高さ約95mの超高層複合ビルを建設します。 建物にはオフィスや商業施設などのほか「市民会館おおみや」(大ホール1400席、小ホール350席)も移転入居します。 事業コンサルタントは都市設計連合、参加組合員は三井不動産と大栄不動産、基本設計は山下設計。 2017年7月に着工し、2020年度に完成する見込みです。



完成イメージ

大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

現地にて2016年8月6日撮影。高層部に業務施設、中層部に公共施設(ホール機能)、低層部に商業・業務施設や公益施設が入ります。



概要

計画名大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業
所在地さいたま市大宮区大門町2の40ほか
最寄駅JR・東武・埼玉新都市交通「大宮」駅
建築主大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合
設 計
施 工
用 途商業、業務、公共公益施設、駐車場、駐輪場 他
区域面積約1.4ha
敷地面積約9,180㎡
建築面積約6,800㎡
延床面積約78,500㎡(容積対象:約63,800㎡)
構 造鉄骨造
階 数地上18階、地下2階
高 さ高さ約95m
着 工2017年7月予定(解体含む)
竣 工2020年度予定
備 考 ■事業コンサルタント:都市設計連合
■参加組合員:三井不動産、大栄不動産
■基本設計:山下設計
■特定業務代行者:鹿島・松永建設JV(予定)

情報更新日:2016年12月13日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は埼玉県最大のターミナル駅「大宮駅」の東側です。



2016年8月撮影

大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

2016年8月6日撮影。JR大宮駅東口。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

駅前の様子。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

駅から東に2分ほど歩くと建設地に到着します。建設地南西側にあった「みずほ銀行大宮支店」は既に移転しています。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

建設地を南側から。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

建設地を南東側から。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

建設地を東側から。表通りに面している建物以外は駐車場などに使用されています。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

建設地南側の様子。解体は2017年度に始まります。ぎりぎりまで営業を続けるのでしょうか。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

建設地西側の様子。




大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業

建設地南西側に「大宮タカシマヤ」があります。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る