日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画


東日本旅客鉄道(JR東日本)は東京都港区海岸1丁目にあったシーサイドホテル芝弥生(芝弥生会館)、JR東日本浜松町社宅、JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]などの跡地に以下の施設を建設します。

A棟(高層棟):地上26階、地下2階、高さ122m、延べ約65,700㎡
B棟(劇場棟):地上6階、地下1階、高さ46m、延べ約30,800㎡
C棟(駐車場棟):地上10階、地下1階、高さ39m、延べ約12,000㎡

設計はジェイアール東日本建築設計事務所、施工はA棟が清水建設、B棟・C棟は未定。 2020年6月に完成する予定です。



竹芝ウォーターフロント開発事業

2017年10月24日撮影



完成イメージ(北側)

竹芝ウォーターフロント開発事業

[日刊建設工業新聞2017年7月26日付記事より引用]

A棟(高層棟)の地下に駐車場(約30台)、1~4階に商業施設、5~14階にオフィス、16~26階にホテル(265室予定)が整備されます。



配置図&断面図

竹芝ウォーターフロント開発事業

[JR東日本2016年7月5日付ニュースリリース(PDF)より引用]

シーサイドホテル芝弥生(芝弥生会館)は2016年7月末で閉館し、JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]は2017年6月末で一時休止しました。 劇団四季自由劇場はそのまま存続します。 写真クリックで拡大画像を表示。



全体概要

計画名(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地東京都港区海岸1丁目22番1の一部、22番4
最寄駅新交通ゆりかもめ「竹芝」駅
JR「浜松町」駅
建築主東日本旅客鉄道株式会社
設 計株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所
施 工A棟(高層棟):清水建設株式会社
B棟(劇場棟):未定
C棟(駐車場棟):未定
用 途ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場(約450台)
敷地面積23,030㎡
建築面積14,300㎡(既存建物含む面積 15,700㎡)
延床面積108,500㎡(既存建物含む面積 111,500㎡)
A棟:約65,700㎡
B棟:約30,800㎡
C棟:約12,000㎡
構 造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法杭基礎
階 数A棟(高層棟):地上26階、地下2階
B棟(劇場棟):地上6階、地下1階
C棟(駐車場棟):地上10階、地下1階
高 さA棟(高層棟):122m
B棟(劇場棟):46m
C棟(駐車場棟):39m
着 工2017年11月予定
竣 工2020年6月30日予定

情報更新日:2017年10月30日

[航空写真はこちら]



地図

矢印はA棟(高層棟)の建設地を示しています。 ゆりかもめ竹芝駅から徒歩2分ほどです。 シーサイドホテル芝弥生(芝弥生会館)やJR東日本浜松町社宅の地上部分の解体は、2016年6月1日~2017年6月15日の工期で竹中工務店が行いました。 地下部分の解体は清水建設が担当しています。



2017年2月撮影

竹芝ウォーターフロント開発事業

2017年10月24日撮影。南側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

現地の作業工程によれば山留工事を行っています。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その右手の様子。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

解体工事も進められています。「浜松町社宅・芝弥生会館等既存地下解体」の工期は2017年7月1日~2018年3月23日です。写真クリックで拡大画像を表示。




竹芝ウォーターフロント開発事業

東側から見た建設地。




竹芝ウォーターフロント開発事業

2017年6月で一時的に休止したJR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]の解体工事も始まっていました。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地の東側にはニューピア竹芝ノースタワー(左)やベイサイドホテル アジュール竹芝が聳えています。




竹芝ウォーターフロント開発事業

ニューピア竹芝ノースタワーは地上24階・高さ99.8m、ベイサイドホテル アジュール竹芝は地上21階・高さ99.8mです。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地南側を西に進んでいきます。




竹芝ウォーターフロント開発事業

建設地の南側には新交通システムゆりかもめの高架橋があります。




竹芝ウォーターフロント開発事業

解体中のJR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

清水建設が手掛ける「JR東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]等解体工事」の工期は2017年7月1日~2018年6月16日です。アートセンター四季劇場[春]・[秋](地上3階・地下1階)、アートセンター四季劇場稽古場(地上3階)、新橋総合事務所(地上6階)、東京乗車券管理センター(地上3階)が解体されています。写真クリックで拡大画像を表示。




竹芝ウォーターフロント開発事業

さらに西に進むと劇団四季自由劇場が現れました。この建物は存続します。




竹芝ウォーターフロント開発事業

その手前で東京乗車券管理センターが解体されていました。




竹芝ウォーターフロント開発事業の建築計画のお知らせ

前回撮影時(2017年2月26日)に未定だったA棟(高層棟)の施工者が清水建設に決定しました。B棟(劇場棟)、C棟(駐車場棟)については未定のままです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る