日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都豊島区


Hareza(ハレザ)池袋 オフィス棟


Hareza(ハレザ)池袋 オフィス棟は、東京建物とサンケイビルが東京都豊島区の豊島区役所本庁舎跡地に建設中の地上33階、地下2階、高さ158.28mの超高層複合ビルです。 1階が店舗、2~6階が映画館「TOHOシネマズ」、7~32階がオフィスになります。 設計・施工は鹿島建設。 2020年5月に竣工する予定です。



Hareza(ハレザ)池袋 オフィス棟

2018年5月22日撮影。オフィス棟が建設されるA敷地の様子。



完成イメージ

Hareza(ハレザ)池袋

[東京建物・サンケイビル2016年12月8日付ニュースリリース(PDF)より引用]

オフィス棟のほかに新ホール棟が建設中です。 新ホール棟には豊島区が取得・運営予定の(仮称)豊島区新ホール(約1300席)のほかライブ劇場(約160席)やイベントスペースなどが設けられます。

隣接する「豊島区民センター」も改築され、大規模改修される「豊島区立生活産業プラザ」と一体的に整備されます。 「(仮称)新区民センター」は地上9階、地下3階、高さ39.384m。 多目的ホール(約500人収容)、小ホール(約160人収容)、大規模な女性用トイレなどが備えられます。

これら3棟は地上2階部分を歩行者デッキで繋がれ外装デザインも統一されます。



主要用途の配置

Hareza(ハレザ)池袋

[豊島区ホームページ(PDF)より引用]



位置図

Hareza(ハレザ)池袋

[東京建物・サンケイビル2017年3月28日付ニュースリリース(PDF)より引用]

2017年3月28日、(仮称)豊島プロジェクトを含むエリア愛称が「Hareza(ハレザ)池袋」に決定したこと及びオフィス棟2~6階のシネマコンプレックス部分に座席数約1700席、10スクリーンを有するTOHOシネマズ池袋(仮称)が 2020年夏にオープンする予定であることが発表されました。 上図の赤枠線内が本エリアです。


◆東京建物・サンケイビル2017年3月28日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



概要

計画名(仮称)豊島プロジェクト
豊島区旧庁舎跡地活用事業
所在地オフィス棟(A棟):東京都豊島区東池袋1丁目18番(地番)
新ホール棟(B棟):東京都豊島区東池袋1丁目19番1、19番2、19番3、19番5、19番7(地番)
最寄駅JR・東京メトロ・西武・東武「池袋」駅
建築主東京建物、サンケイビル
設 計鹿島建設
施 工鹿島建設
棟 別オフィス棟(A棟)新ホール棟(B棟)合計
用 途事務所(7~32階)
映画館(2~6階)
集会場
店舗(1階)
駐車場
公会堂(1~8階)
集会場(地下1階)
店舗(1~2階)
駐車場
敷地面積3,619.67㎡2,983.59㎡6,603.26㎡
建築面積2,194.10㎡2,015.00㎡4,209.10㎡
延床面積68,605.39㎡10,605.49㎡79,210.88㎡
構 造S造+RC造+SRC造S造+RC造+SRC造
階 数地上33階、地下2階地上8階、地下1階、塔屋1階
高 さ158.28m(最高158.28m)41.27m(最高41.27m)
着 工2016年12月2017年1月
竣 工2020年5月予定2019年4月予定
備 考 解体工事工期:2016年4月1日~2016年11月30日
起工式:2016年12月8日

最終更新日:2018年5月29日

[航空写真はこちら]



地図

矢印はオフィス棟建設地を示しています。その南側のブロックが新ホール棟建設地です。



2018年5月撮影

(仮称)豊島プロジェクト

2018年5月22日撮影。左が豊島区役所本庁舎跡地に建設される「オフィス棟」、中央が豊島公会堂および豊島区役所分庁舎跡地に建設される「新ホール棟」、右が豊島区民センター跡地に新築される建物と大規模改修される豊島区立生活産業プラザを一体化し誕生する「(仮称)新区民センター」です。




(仮称)豊島プロジェクト

低層部の外観を同じにして統一感を持たせています。




(仮称)豊島プロジェクト

西側の中池袋公園も一体化。新しい劇場空間が誕生します。




(仮称)豊島プロジェクト

(仮称)豊島プロジェクトの建築計画のお知らせ。前回撮影時と内容は同じです。A棟はオフィス棟、B棟は新ホール棟。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)豊島プロジェクト

(仮称)新区民センターの建築計画のお知らせ。前回撮影時と建築面積、延べ面積、高さがやや異なります。施工者は松尾工務店に決定しています。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)豊島プロジェクト

中池袋公園から。既に新ホール棟が姿を現していました。




(仮称)豊島プロジェクト

西側から。落ち着いたベージュ色です。3棟ともこの外観で統一されることになります。(オフィス棟の中高層部は除く)




(仮称)豊島プロジェクト

南西側から。現地の作業工程によれば新ホール棟については「外装工事、アスファルト防水工事」を行っています。




(仮称)豊島プロジェクト

南東側から。(仮称)豊島区新ホール(約1300席)、ライブ劇場(約160席)、イベントスペースなどが設けられます。




(仮称)豊島プロジェクト

北東側から。東側は裏なのでシンプルです。




(仮称)豊島プロジェクト

北側から。新ホール棟は2019年4月に完成する予定です。




(仮称)豊島プロジェクト

次はオフィス棟です。公園側(南西)から見ています。




(仮称)豊島プロジェクト

こちらはまだ躯体は建ち上がっていません。




(仮称)豊島プロジェクト

北西側から。現地の作業工程によれば「地下躯体工事、タワークレーン組立、コンクリート打設工事」を行っています。




(仮称)豊島プロジェクト

北側から。




(仮称)豊島プロジェクト

その右手。明治通りです。




(仮称)豊島プロジェクト

左手。




(仮称)豊島プロジェクト

北東側から。ここに地上33階、高さ158.28mの超高層ビルがそびえ立つことになります。




(仮称)豊島プロジェクト

南東側から。オフィス棟は新ホール棟の1年後の2020年5月に完成する予定です




(仮称)豊島プロジェクト

次は(仮称)新区民センターです。新ホール棟の南側で建設が始まっています。




(仮称)豊島プロジェクト

北西側から。




(仮称)豊島プロジェクト

南西側から。




(仮称)豊島プロジェクト

北東側から。




(仮称)豊島プロジェクト

改修される豊島区立生活産業プラザです。建築計画のお知らせではこの建物の増築という形をとっています。(仮称)新区民センターは2019年9月末に完成する予定です。




(仮称)豊島プロジェクト

豊島区立生活産業プラザと新ホール棟。




(仮称)豊島プロジェクト

サンシャイン60展望台から。左が池袋駅です。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)豊島プロジェクト

建設地にズームイン。中央に新ホール棟が見えます。その上がオフィス棟建設地です。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る