日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)横浜駅西口開発ビル


東日本旅客鉄道(JR東日本)は横浜駅西口に地上26階(建築基準法上30階)、地下3階、高さ132.268mの超高層複合ビルを建設しています。 低層部に商業施設、高層部にオフィスを配置。 設計は東日本旅客鉄道、施工は竹中工務店。 2020年3月に完成する予定です。



2017年7月8日撮影



駅前棟 完成イメージ

(仮称)横浜駅西口開発ビル

[JR東日本2014年3月4日付ニュースリリース(PDF)より引用]



鶴屋町棟 完成イメージ

(仮称)横浜駅西口開発ビル

[JR東日本2017年10月23日付ニュースリリース(PDF)より引用]

「駅前棟」のほかに、地上9階(建築基準法上、地上9階、地下1階)、高さ約31mの「鶴屋町棟」が建設されます。

JR東日本は2017年10月23日、「鶴屋町棟」の計画変更を発表しました。 当初、駐車場や保育所だった用途に商業施設、ホテル(客室約170室)、スポーツ施設が加わり、延べ面積は約7,500㎡増え、約31,500㎡になりました。 2018年春に着工し、2020年に「駅前棟」と同時に開業する予定です。

ホテル名は「ホテルメッツ横浜」でしょうか? 「ホテルメッツ横浜鶴見」があるので少しひねってくるのでしょうか。



位置図

(仮称)横浜駅西口開発ビル

[JR東日本2017年10月23日付ニュースリリース(PDF)より引用]

地上44階、高さ約190mの複合ビルが計画されている「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」は「鶴屋町棟」の南西側で施工されます。



概要

計画名(仮称)横浜駅西口駅ビル計画
(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2号ほか
最寄駅JR・京急・東急・相鉄・横浜高速鉄道・市営地下鉄「横浜」駅
建築主東日本旅客鉄道
設 計東日本旅客鉄道
施 工竹中工務店
用 途店舗・事務所等複合施設
敷地面積8,675.17㎡
建築面積7,251.14㎡
延床面積97,763.47㎡
構 造鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階 数地上26階(建築基準法上30階)、地下3階
高 さ132.268m
着 工2016年4月1日(2015年10月19日着工式)
竣 工2020年3月31日予定

情報更新日:2017年10月25日

[航空写真はこちら]



地図



2017年2月撮影

2017年7月8日撮影。躯体が立ち上がってきました。




12階くらいまで立ち上がっているようです。高層部は26階(法令上は30階)まで成長します。




西側からです。




北西側から。




その右手の様子。横浜タカシマヤ。




北側から。




「鶴屋町棟」とを結ぶ連絡通路も建設中です。




完成は東京五輪前の2020年3月の予定です。




(仮称)横浜駅西口開発ビル<

2017年7月8日撮影。内容は前回撮影時と同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る