日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

横浜市新庁舎


横浜市は、中区本町6丁目の「北仲通南地区」に地上32階、地下2階、高さ155.4m、延べ143,448㎡の新庁舎を建設します。 設計は竹中工務店、施工は竹中工務店・西松建設JV。 2017年7月12日に起工式が執り行われました。 2017年8月初旬に着工し、2020年5月末に完成する予定です。 2020年6月末の供用開始を目指しています。



横浜市新庁舎

2017年3月22日撮影



完成イメージ

横浜市市庁舎移転新築工事

現地にて2017年3月22日撮影。左は北西側から、右は南西側からです。



概要

計画名横浜市庁舎
横浜市市庁舎移転新築工事
所在地神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10(北仲通南地区)
最寄駅みなとみらい線「馬車道」駅、JR「桜木町」駅
建築主横浜市
設 計竹中工務店
施 工竹中・西松建設共同企業体
用 途事務所、集会場、飲食店舗、物販店舗、駐車場(391台)
敷地面積13,155.38㎡
建築面積7,932.45㎡
延床面積143,448.76㎡
階 数地上32階、地下2階、塔屋2階
構 造鉄骨造(コンクリート充填鋼管造)、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
中間層免震構造+制振構造
基礎工法杭基礎(一部直接基礎)
高 さ155.4m
着 工2017年8月1日(起工式:2017年7月12日)
竣 工2020年5月29日予定
供用開始2020年6月末予定

情報更新日:2017年7月14日

[航空写真はこちら]



地図



2017年3月撮影

横浜市庁舎

2017年3月22日撮影。建築計画のお知らせが設置されました。高さは155.4mです。写真クリックで拡大画像を表示。




横浜市庁舎

弁天橋(南西側)から見た新庁舎建設地。




横浜市庁舎

南側から見た建設地。




横浜市庁舎

建設地南側の様子。




横浜市庁舎

現地の作業行程によれば設計確認実大模型工事を行っています。




横浜市庁舎

建設地北側の様子。




横浜市庁舎

いよいよ今年8月に着工します。




横浜市庁舎

完成すれば、神戸市役所1号館(地上30階・高さ132m)を抜き、市庁舎としては日本一の高さになります。




横浜市庁舎

2020年5月に竣工し、6月に業務を開始する予定です。




2017年2月撮影

横浜市市庁舎

2017年2月16日撮影。大岡川に架かる弁天橋(南西側)から見た新庁舎建設地。




横浜市市庁舎

弁天橋からの眺め。横浜を代表する景観が望めます。




横浜市市庁舎

その右手の様子。




横浜市市庁舎

建設地南側の仮囲いにあるのぞき窓からは内部を見ることができました。現地の作業工程によれば解体工事及び掘削工事を行っています。




横浜市市庁舎

北東側から見た建設地。奥はJR桜木町駅付近のビル群です。




横浜市市庁舎

北側から。




横浜市市庁舎

その左手の様子。建設地東側に「横浜アイランドタワー」(地上27階・高さ119m)が立っています。




横浜市市庁舎

右手の様子。




横浜市市庁舎

建設地に隣接する、みなとみらい線「馬車道駅」の出入口。




横浜市市庁舎

設計・施工は竹中・西松建設共同企業体。




横浜市市庁舎

のぞき窓から見た内部の様子。




横浜市市庁舎

北西側から見た建設地。




横浜市市庁舎

拡大。




横浜市市庁舎

その右手の様子。大岡川です。




横浜市市庁舎

西側から見た建設地。手前は大岡川。




横浜市市庁舎

その左手の様子。




横浜市市庁舎

右手の様子。弁天橋です。




2016年2月撮影

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

横浜ランドマークタワーから。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉/地上35階、高さ約145m、2019年8月竣工
横浜市中区北仲通5丁目計画/地上58階、高さ約200m、2020年2月竣工
横浜市市庁舎/地上31階、高さ約155m、2020年1月竣工

ほぼ同時期に3棟の超高層ビルが完成します。




横浜市市庁舎移転新築工事

新庁舎建設地にズームイン。




横浜市市庁舎移転新築工事

中央が現在の横浜市役所本庁舎です。横浜スタジアムの隣りにあります。




横浜市市庁舎移転新築工事

現在の横浜市役所本庁舎と新庁舎建設地。




横浜市市庁舎移転新築工事

建設地とJR桜木町駅(中央右)。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る