日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業


渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合は東京都渋谷区桜丘町、道玄坂1丁目及び渋谷3丁目各地内に以下の再開発ビルを建設します。


A街区A1棟地上37階、地下4階、高さ約180m事務所、店舗、起業支援施設、駐車場など
A街区A2棟地上15階、地下4階、高さ約90m
B街区B棟地上32階、地下2階、高さ約150m住宅、事務所、店舗、生活支援施設、駐車場など
C街区地上4階、地下1階、高さ約30m教会など

総延べ面積は253,000㎡。 地権者でもある東急不動産が参加組合員、事業協力者として参画。 コンサルタント業務は日建設計、都市環境研究所。 施工は鹿島・戸田建設JV(内定)。 2018年度の権利変換計画認可を経て、2019年度の着工、2023年度の完成を目指しています。


◆建設通信新聞2018年3月13日付記事は→こちら



完成イメージ

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

[2015年9月14日付東京都報道発表資料(PDF)より引用]

左からA街区A1棟、A街区A2棟、B街区B棟です。



計画配置図

渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

[2015年9月14日付東京都報道発表資料(PDF)より引用]



概要

計画名渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都渋谷区桜丘町、道玄坂一丁目及び渋谷三丁目各地内
最寄駅渋谷駅
事業者渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設 計
施 工鹿島・戸田建設JV(内定)
用 途 A街区:事務所、店舗、起業支援施設、駐車場など
B街区:住宅(約170戸)、事務所、店舗、生活支援施設、駐車場など
C街区:教会など
地区面積約2.6ヘクタール
街区名 全 体 A街区 B街区 C街区
敷地面積 約17,000㎡ 約8,070㎡ 約8,470㎡ 約420㎡
延床面積 約252,870㎡ 約174,800㎡ 約65,900㎡ 約700㎡
階 数 A1棟:地上37階、地下4階
A2棟:地上15階、地下4階
地上32階、地下2階 地上4階、地下1階
高 さ A1棟:約180m
A2棟:約90m
約150m 約30m
着 工2019年度予定
竣 工2023年度予定
事業関係者 ・参加組合員・事業協力者・地権者:東急不動産
・コンサルタント業務:日建設計、都市環境研究所
・デザインアーキテクト:古谷誠章氏

情報更新日:2018年3月21日

[航空写真はこちら]



地図

渋谷駅南側の線路沿いの街が一体的に再開発されます。





超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る