日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX愛知県名古屋市


(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前


(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前は、相鉄グループが名古屋市中区錦1丁目地内に開設する地上18階、高さ58.36m、客室250室(予定)の宿泊特化型ホテルです。 古村産業(名古屋市中区)が所有する土地に三井住友ファイナンス&リース(東京都千代田区)が建設した建物を相鉄ホテル開発(横浜市西区)が賃借し、相鉄ホテルマネジメント(横浜市西区)が運営します。 設計・施工はTSUCHIYA。 2020年春に開業する予定です。



(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前

2019年1月3日撮影。「相鉄フレッサイン」が名古屋に初進出します。



概要

名 称
計画名(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前
所在地愛知県名古屋市中村区名駅四丁目406、407番(地番)
最寄駅 JR線「名古屋」駅 徒歩4分、名古屋市営地下鉄 桜通線・東山線「名古屋」駅 徒歩4分、名鉄名古屋本線「名鉄名古屋」駅 徒歩2分、近鉄名古屋線「近鉄名古屋」駅 徒歩2分
建築主古村産業株式会社、三井住友ファイナンス&リース株式会社
設 計TSUCHIYA株式会社
施 工TSUCHIYA株式会社
用 途ホテル(ビジネスホテル)、立体駐車場、テナント(飲食店予定)
敷地面積801.82㎡
建築面積475.24㎡(ホテル棟:327.89㎡/立体駐車場・テナント棟:147.35㎡)
延床面積7,292.71㎡(ホテル棟:5,974.26㎡/立体駐車場・テナント棟:1,318.45㎡)
構 造地上:鉄骨造、地下:鉄筋コンクリート造
基礎工法
階 数ホテル棟:地上18階、地下1階/立体駐車場・テナント棟:地上2階
高 さホテル棟:58.36m/立体駐車場・テナント棟:41.26m
着 工2018年4月15日頃予定
竣 工2019年11月30日予定
開 業2020年春予定
備 考 ◆土地所有:古村産業株式会社
◆建物所有:三井住友ファイナンス&リース株式会社
◆建物賃借:株式会社相鉄ホテル開発
◆ホテル運営:株式会社相鉄ホテルマネジメント
◆客室数:250室(予定)
◆延床面積:6,667.32㎡(予定)
◆2017年11月2日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年1月7日



地図

建設地へは各社の路線が集中する名古屋駅より徒歩2~4分です。建設地にはパチンコ&スロット「大都会名駅店」がありました。



2019年1月撮影

(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前

2019年1月3日撮影。2016年6月に竣工した「シンフォニー豊田ビル」。地上25階、地下2階、高さ114.597mの超高層複合ビルです。カフェ&レストラン、シネコン、オフィスのほか、高層部に「三井ガーデンホテル名古屋プレミア」(客室295室)が入っています。




(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前

「(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前」はその目の前に誕生します。右隣りはオフィスビルの「名古屋クロスコートタワー」(地上17階・高さ72.6m)です。なお、朝だったため上部にのみ太陽の光が当たっています。




(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前

8~9階くらいまで建ち上がっているでしょうか。18階まで成長します。



相鉄グループが展開する宿泊特化型ホテル「相鉄フレッサイン」は2019年1月7日現在、全国に26のホテルを展開しています。

場所は東京都16店舗、神奈川県5店舗、千葉県1店舗、京都府2店舗、大阪府2店舗です。

今後は神戸三宮(2019年春)、大坂なんば(2019年夏)、ソウル明洞(2019年冬)、鎌倉大船Ⅱ(2019年秋)、名古屋駅前(2020年春)、東京田町Ⅱ(2020年夏)、横浜駅西口(2020年夏)が開業予定です。

海外にも進出するんですね。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る