日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都渋谷区


(仮称)宮益坂ビルディング建替計画


旭化成不動産レジデンスが参画する宮益坂ビルディングマンション建替組合は宮益坂ビルディングを地上15階、地下1階、高さ58.15m、延べ面積14,553㎡のビルに建て替えます。 用途は共同住宅(152戸)、事務所、店舗。 設計は日建ハウジングシステム、施工は戸田建設。 2020年5月に竣工する予定です。



完成イメージ

(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

[旭化成不動産レジデンスHPより引用]

宮益坂ビルディングは、東京都が底地権を持つ借地権マンションとして1953年に竣工した、日本で最初の分譲マンションです。 規模は地上11階、地下1階、延床面積7,872㎡でした。



概要

計画名(仮称)宮益坂ビルディング建替計画
所在地東京都渋谷区渋谷二丁目19番4(住居表示)
最寄駅JR・東急・京王・東京メトロ「渋谷」駅
建築主宮益坂ビルディングマンション建替組合
(参加組合員:旭化成不動産レジデンス)
設 計株式会社日建ハウジングシステム
施 工戸田建設株式会社
用 途共同住宅(152戸)、事務所(28)、店舗(7)
敷地面積1,317.34㎡
建築面積1,187.90㎡
延床面積14,993.54㎡(旭化成不動産レジデンスHP:14,553.41㎡)
構 造鉄筋コンクリート造
階 数地上15階、地下1階
高 さ58.15m
着 工2017年1月6日予定
竣 工2020年5月予定(旭化成不動産レジデンスHPより)
備 考間取り:1K・1LDK・2LDK・3LDK・2LDK・3LDK
各戸専有面積:30.00㎡~78.28㎡

情報更新日:2018年7月29日

[航空写真はこちら]



地図



2017年7月撮影

(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

2017年7月15日撮影。北西側から。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北側から。現地の作業工程によると戸田建設が地中障害撤去を行っていました。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画

北東側から。




(仮称)宮益坂ビルディング建替計画の建築計画のお知らせ

高さは58.15mです。東京都環境局HP(2018年7月29日確認)では56.30mでした。日刊建設工業新聞(2015年9月25日)の報道では高さ約58m(最高約62m)です。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る