日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業


東京都豊島区の東池袋五丁目地区市街地再開発組合は、地上21階、地下1階、高さ69.99m(最高75.89m)、総戸数139戸(予定)のタワーマンションを建設します。 事業コンサルタント及び基本設計はタカハ都市科学研究所、参加組合員は野村不動産、事業協力者は前田建設工業。 2017年4月に着工し、2019年2月に完成する予定です。



東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

2017年4月6日撮影。解体工事を行っていました。



完成イメージ

東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

[野村不動産2015年6月15日付プレスリリース(PDF)より引用]



概要

計画名東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
所在地東京都豊島区東池袋五丁目161番1ほか(地番)
最寄駅東京メトロ有楽町線「東池袋」駅 徒歩5分
建築主東池袋五丁目地区市街地再開発組合
設 計前田建設工業
施 工
用 途共同住宅(139戸予定)
敷地面積1,573.25㎡
建築面積885㎡
延床面積14,740㎡
構 造鉄筋コンクリート造
基礎工法現場造成杭
階 数地上20階、地下1階
高 さ69.99m(最高75.89m)
着 工2017年4月予定
竣 工2019年2月下旬予定
備 考 ◆事業コンサルタント:タカハ都市科学研究所
◆基本設計:タカハ都市科学研究所
◆参加組合員:野村不動産
◆事業協力者:前田建設工業

情報更新日:2017年4月14日

[航空写真はこちら]



地図



2017年4月撮影

東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

2017年4月6日撮影。都電荒川線。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

電車が走り抜けると奥に建設地が現れました。西側から見ています。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

その左手の様子。線路に沿って都市計画道路が造られます。このため現在はこの付近の都電荒川線は専用軌道ですが、将来的には併用軌道になります。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

右手の様子。右側の踏切を渡ります。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

南西側から見た建設地。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

その右手の様子。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

建設地の南東側にポケットパークがありました。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

そこから見た建設地。仮囲いには透明部分があります。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

中を覗いてみました。現地の作業工程によれば解体工事を行っています。が、ほとんど終わっているように見えます。もうすぐ着工するものと思われます。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

建設地東側の街路の様子。今は狭いですが、拡幅されるようです。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

建設地北東側の様子。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

中の様子。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

建設地北側の様子。これから整備される都市計画道路に沿って今後再開発が進んでいくことでしょう。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

線路を渡り北側から見た建設地。ほぼ一周しました。




東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業

施工者は前田建設工業が有力です。高さは69.99m、最高高さは75.89m。写真クリックで拡大画像を表示。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る