日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)


学校法人日本大学は、東京都千代田区神田駿河台3丁目に地上19階、地下3階、高さ82.40m(最高82.90m)の高層校舎を建設します。 設計は梓設計、施工は清水建設。 2015年12月11日に地鎮祭が執り行なわれました。 2018年に竣工する予定です。



日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

2017年3月28日撮影



完成イメージ

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

現地にて2016年10月26日撮影。 南棟(仮称)は、6・9号館の跡地に建てられます。 南棟(仮称)完成後、隣接する5号館が解体され、公開空地として整備されます。



配置図

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

現地にて2016年10月26日撮影。 日本大学理工学部駿河台キャンパスの建物については公式HPをご覧ください。 街の中に分散しています。



概要

計画名日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)
日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)
所在地東京都千代田区神田駿河台三丁目11番地(地番)
最寄駅東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅
建築主学校法人 日本大学
設 計梓設計
施 工清水建設
用 途学校(大学)、駐車場
敷地面積3,432.93㎡
建築面積1,458.00㎡
延床面積27,329.68㎡(公式HPでは27,252.39㎡)
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上19階、地下3階(公式HPでは地上18階、地下3階)
高 さ82.40m(最高82.90m)
着 工2015年4月1日予定(地鎮祭:2015年12月11日)
竣 工2019年3月31日予定(公式HPでは2018年)
備 考 解体工事:2015年4月~2016年3月(6・9号館)
建築工事:2016年4月~2017年12月(6・9号館)
解体工事:2018年4月~2018年12月(5号館)

情報更新日:2016年11月7日

[航空写真はこちら]



地図

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」の出入口が隣接しています。



2016年10月撮影

日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

2016年10月26日撮影。 「三井住友海上駿河台ビル」(地上25階・高さ103.5m)。 三井住友海上火災保険(株)の本社が入っています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その北側に立つ「三井住友海上ビル駿河台新館」(地上22階・高さ102.038m)。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その北側で「日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)」が建設中です。エントランスホール、大教室、教室、研究エリアなどが整備されます。地下には駐車場も造られます。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

建設地を北側から見ています。現地の作業工程によれば、地下2階と地下3階の躯体工事を行なっています。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

その右手の様子。中央右は「中央大学駿河台記念館」です。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

左手の様子。「日本大学理工学部駿河台校舎5号館」があります。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

「南棟(仮称)」は、地上19階、地下3階、高さ82.40m(最高82.90m)。隣りの「三井住友海上ビル駿河台新館」(約102m)よりは20mほど低くなります。南側はほぼ「三井住友海上ビル駿河台新館」しか見えないでしょう。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

北西側から見た「南棟(仮称)」建設地。 その北側(写真左側)にも同規模の高層キャンパス(北棟)を建設する計画があるようです。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

本郷通りに面する「5号館」。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

「5号館」は「南棟(仮称)」完成後に解体され、植栽を施された公開空地になります。




日本大学理工学部駿河台校舎南棟(仮称)

高さは82.40m。最高部の高さは82.90mです。「南棟(仮称)」は2018年には完成します。その後「5号館」が解体され公開空地が造られます。全ての工事が完了するのが2019年3月31日です。写真クリックで拡大画像を表示。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る