日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)ヨドバシ梅田タワー


ヨドバシカメラは大阪市北区の「ヨドバシ梅田」北側に地上35階、地下4階、高さ149.9mの超高層複合ビルを建設します。 建物は商業施設とホテル(約1000室)で構成。 設計・施工は五洋建設。 2017年7月末に着工し、2019年12月末に完成する予定です。


◆ヨドバシカメラ2016年8月31日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



(仮称)ヨドバシ梅田タワー

2017年5月16日撮影。「ヨドバシ梅田」の北側(写真手前)が建設地です。



完成イメージ

(仮称)ヨドバシ梅田タワー

[ヨドバシカメラ2016年8月31日付ニュースリリース(PDF)より引用]

地下1階~地上8階が「ヨドバシ梅田」(増床)、地上9階から上が客室約1000室のホテルです。



事業スケジュール・位置図

(仮称)ヨドバシ梅田タワー

[ヨドバシカメラ2016年8月31日付ニュースリリース(PDF)より引用]

「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」と既存の「ヨドバシ梅田」の周りにはペデストリアンデッキが整備され、JR「大阪駅」、阪急「梅田駅」、「グランフロント大阪」と結ばれます。デッキは2016年度中に着工しています。



概要

計画名(仮称)ヨドバシ梅田タワー
ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)
所在地大阪府大阪市北区大深町4番8ほか(地番)
最寄駅JR「大阪」駅、阪急「梅田」駅、阪神「梅田」駅、地下鉄「梅田」駅
建築主株式会社ヨドバシカメラ
設 計五洋建設株式会社大阪支店一級建築士事務所
施 工五洋建設株式会社大阪支店
用 途店舗(百貨店)、飲食店、ホテル、駐車場
敷地面積17,256.22㎡(既存ビル含む)
建築面積6,371.70㎡(既存ビル:7,903.98㎡/全体:14,275.68㎡)
延床面積111,527.16㎡(既存ビル:108,825.44㎡/全体:220,352.45㎡)
容積率対象面積92,287.68㎡(既存ビル:77,937.77㎡/全体:170,225.45㎡)
構 造鉄骨造(一部、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
階 数地上35階、地下4階、塔屋2階(既存ビル:地上13階、地下2階)
高 さ約149.90m
着 工2017年7月末日予定
竣 工2019年12月末日予定(既存ビル:2001年11月)
開 業2019年冬頃予定
施設構成(当初計画/変更されています) ◆(仮称)ヨドバシ梅田タワー◆
ホテル部分(地上9階~地上34階) 約41,500㎡
商業部分(地下1階~地上8階) 約48,500㎡
駐車場部分(地下4階~地下2階) 約15,100㎡

◆既存ビル(ヨドバシ梅田)◆
商業部分(地下2階~地上8階) 約80,300㎡
駐車場部分(地上9階~地上13階) 約28,100㎡
※後方部分・スロープ等含む

情報更新日:2017年7月29日

[航空写真はこちら]



地図



2017年5月撮影

(仮称)ヨドバシ梅田タワー

2017年5月16日撮影。建設地を北側から見ています。フェンスで囲まれ、準備工事が始まったようです。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

その右手の様子。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

開発許可標識です。写真クリックで拡大画像を表示。




2016年11月撮影

(仮称)ヨドバシ梅田タワー

2016年11月30日撮影。建設地を東側から見ています。左が「ヨドバシ梅田」です。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

北側から。この駐車場に建設されます。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

同じ場所から見た「グランフロント大阪 南館・タワーA」(地上38階・高さ179.5m)と「グランフロント大阪 北館・タワーB」(地上38階・高さ175.3m)。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

北西側から。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

引きました。




(仮称)ヨドバシ梅田タワー

北東側から。2017年7月に着工し、2019年冬頃に開業する予定です。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る