日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)


ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)は、冠婚葬祭大手のベルコが大阪市中央区難波4丁目に建設中の地上19階、地下1階、高さ84.025m、客室150室のシティホテルです。 設計は隈研吾建築都市設計事務所と鹿島建設、施工は鹿島建設。 2019年7月に竣工し、2019年10月に開業する予定です。



ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

2017年12月7日撮影



完成イメージ

ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

[ベルコ 2016年4月1日付ニュースリリース(PDF)より引用]

ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)は、大阪難波のランドマークであった「新歌舞伎座」跡地に建設されます。 このため低層部は「新歌舞伎座」のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとしています。 ホテルにはレストランやラウンジ、5つのバンケット、さらにブライダルに対応した2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンなどが整備されます。



立面図

ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

現地にて2016年11月30日撮影。



配置図

ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

現地にて2016年11月30日撮影。



概要

計画名(仮称)ベルコ難波ホテル
ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)
所在地大阪市中央区難波四丁目59-1(地名地番)
大阪市中央区難波四丁目3番25(住居表示)
最寄駅大阪市営地下鉄 御堂筋線・四つ橋線・千日前線「難波」駅
南海「難波」駅
近鉄・阪神「大阪難波」駅
JR「難波」駅
建築主株式会社ベルコ
設 計隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設株式会社
施 工鹿島建設株式会社
用 途ホテル(宴会場・レストラン・ラウンジ・客室・駐車場)、店舗
敷地面積2,292.65㎡
建築面積1,893.46㎡
延床面積26,493.58㎡(容積対象面積:22,348.55㎡)
構 造鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
階 数地上19階、地下1階、塔屋1階
高 さ84.025m
着 工2016年6月1日予定
竣 工2019年7月15日予定
開 業2019年10月予定

情報更新日:2018年1月8日

[航空写真はこちら]



フロア構成

19階チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム
12~18階客室
11階ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
10階ブライダルサロン
9階バンケット⑤
8階バンケット④
7階バンケット③
6階チャペル、フォトスタジオ
5階ウェイティングルーム
4階事務室
3階バンケット①、バンケット②
2階レストラン、ラウンジ
1階エントランスロビー、テナント、カフェ
地下1階ロビー、テナント、機械式駐車場


地図



2017年12月撮影

ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

2017年12月7日撮影。南海難波駅。




ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

そのすぐ目の前に建設中です。タワークレーンが設置され、躯体が立ち上がり始めました。




ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

南東側から。




ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

工事名は「(仮称)ベルコ難波ホテル」です。2019年7月に竣工し、10月に開業する予定です。




ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)

前回撮影時に85.85mだった高さは84.025mに変更されています。このほか延べ面積や容積対象面積が修正されました。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る