日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

虎の門病院整備事業


国家公務員共済組合連合会が東京都港区虎ノ門2丁目にある「虎の門病院」を隣接地に建て替えます。 新「虎の門病院」は地上19階、地下3階、高さ90.20m(最高99.55m)。 基本設計および設計監理は佐藤総合計画。 実施設計および施工は戸田建設。 2016年6月20日に着工し、2019年3月31日に完成する予定です。



虎の門病院整備事業

下の完成イメージとほぼ同じ場所から2016年6月11日撮影。 中央は「JTビル」(地上35階・高さ169.7m)。 その右側が「虎の門病院」です。 現在その手前で「国立印刷局」の解体工事が行われています。 ここに新「虎の門病院」が建設されます。 現在の「虎の門病院」は新病院完成後に地上36階、地下3階、高さ約179mのオフィスビルに生まれ変わります。



完成イメージ

虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業

東京都HPより引用
新「虎の門病院」は画像左側の高層部と低層部で構成された建物です。



「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」の整備スケジュール

2015年度~2018年度 「国立印刷局」を解体して新「虎の門病院」を建設
2019年度~2022年度 「虎の門病院」を解体して「業務棟・アネックス棟」を建設
2023年度~2024年度 「共同通信会館」の解体と敷地内の基盤整備

※「国立印刷局」の本局は2014年11月4日に「共同通信会館」に移転しました。「業務棟・アネックス棟」の完成後、共同通信と国立印刷局本局は「業務棟」に移転。その後、「共同通信会館」が解体され公開空地などになります。



概要

計画名虎の門病院整備事業
虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 病院棟
所在地東京都港区虎ノ門二丁目105番(地番)
最寄駅東京メトロ「虎ノ門駅」・「溜池山王駅」
建築主国家公務員共済組合連合会
基本設計・設計監理佐藤総合計画
実施設計戸田建設
施 工戸田建設
用 途病院
敷地面積10,729.72㎡
建築面積7,431.26㎡
延床面積85,458.02㎡
構 造鉄骨造(一部SRC造)
高 さ90.20m(最高99.55m)
階 数地上19階、地下3階
着 工2016年6月20日予定
竣 工2019年3月31日予定

情報更新日:2016年6月11日

[地図はこちら]



2016年6月撮影

虎の門病院整備事業

2016年6月11日撮影。現在の「虎の門病院」。正式名称は「国家公務員共済組合連合会 虎の門病院」です。




虎の門病院整備事業

「虎の門病院本館」は地上8階、地下2階。環二通りに面しています。




虎の門病院整備事業

「JTビル」(地上35階・高さ169.7m)が隣りに立っています。現「虎の門病院」跡地に建設される「業務棟」は地上36階、地下3階、高さ約179m。「JTビル」より10mほど高い超高層ビルが建設されることになります。




虎の門病院整備事業

東側から見た「虎の門病院本館」。




虎の門病院整備事業

同じ場所から環二通り方面を見ています。




虎の門病院整備事業

同じ場所から「虎の門病院別館」方面を見ています。




虎の門病院整備事業

南側から見た「虎の門病院別館」。地上13階、地下4階、高さ約60m。その手前が新病院の建設地です。




虎の門病院整備事業

新「虎の門病院」建設地を西側から見ています。




虎の門病院整備事業

同じ場所から見た現「虎の門病院」。




虎の門病院整備事業

同じ場所から南側を見ています。左側のビルは「虎ノ門ツインビルディング」(地上20階・高さ80.05m)。




虎の門病院整備事業

仮囲いの覗き窓から見た内部の様子。中央に見える黒い建物が「共同通信会館」です。




虎の門病院整備事業

新「虎の門病院」建設地を南側から見ています。




虎の門病院整備事業

同じ場所から見た「虎の門病院別館」方面。




虎の門病院整備事業

同じ場所から見た「共同通信会館」方面。




虎の門病院整備事業

新「虎の門病院」建設地を東側から見ています。




虎の門病院整備事業

躯体解体工事と堀削工事を行っています。




虎の門病院整備事業

2015年12月に撮影した時と比較すると「建築面積」と「延床面積」が微妙に修正されています。また、高さは95.50mから90.20mに、最高高さも99.70mから99.55mへ変更されました。着工予定は「2016年7月1日」から「2016年6月20日」になり、少し早まっています。写真クリックで拡大画像を表示。




2015年12月撮影

虎の門病院整備事業

2015年12月1日撮影。国立印刷局の解体工事が行われていました。




虎の門病院整備事業

解体工事の工期は2015年4月14日から2016年6月30日まで。




虎の門病院整備事業

解体工事および掘削(くっさく)工事を実施中。




虎の門病院整備事業

高さは95.50m。最高99.70m。




2014年7月撮影

虎ノ門2丁目地区再開発事業

国立印刷局。この場所に新しい虎ノ門病院が建設されます。




虎ノ門2丁目地区再開発事業

国立印刷局。




虎ノ門2丁目地区再開発事業

現在の虎の門病院。後方の高い建物はJTビル(地上35階・高さ169.7m)。




虎ノ門2丁目地区再開発事業

虎の門病院。新虎ノ門病院の完成後、地上36階建てのオフィスビルに建て替えられます。




虎ノ門2丁目地区再開発事業

共同通信会館。この場所は主に公開空地になります。



全体概要

計画名虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区虎ノ門二丁目及び赤坂一丁目各地内
最寄駅東京メトロ「虎ノ門駅」「溜池山王駅」
建築主独立行政法人都市再生機構、国家公務員共済組合連合会(KKR)
基本構想検討業務日本設計
施設計画策定業務業務棟:日建設計
基本設計・工事監理病院棟:佐藤総合計画
基本設計業務棟・アネックス棟:日本設計・三菱地所設計JV
設計・施工病院棟:戸田建設
業務棟・アネックス棟:未定
用 途全体:病院、事務所、国際医療施設、外国企業業務・生活支援施設、店舗等
敷地面積全体:敷地面積2.4ha
延床面積全体:約250,000㎡
病院棟:85,537㎡
業務棟・アネックス棟:約167,300㎡
高 さ病院棟:最高約99m
業務棟:最高約179m
アネックス棟:最高約20m
階 数病院棟:地上19階、地下3階
業務棟:地上36階・地下3階
アネックス棟:地上2階
着 工病院棟:2016年7月初旬予定
業務棟・アネックス棟:2019年度
竣 工全体:2024年度予定
病院棟:2019年3月末予定
業務棟・アネックス棟:2022年度予定



超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る