日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

西武鉄道池袋ビル建替え計画


西武鉄道は東京都豊島区南池袋1丁目の「西武鉄道池袋旧本社ビル跡」に地上20階、地下2階、高さ99.98m、延べ面積49,661㎡のオフィスビルを建設します。 設計は日建設計、施工は大林組・西武建設JV。 2019年3月に完成する予定です。



西武鉄道池袋ビル建替え計画

2016年4月6日撮影



完成イメージ

西武鉄道池袋ビル建替え計画

[西武ホールディングス2015年3月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]

2017年1月16日、当ビルに西武ホールディングス、プリンスホテル、西武プロパティーズの3社が本社移転することが発表されました。 4フロアを使用する予定です。


◆西武ホールディングス2017年1月16日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



断面イメージ図

西武鉄道池袋ビル建替え計画

[西武ホールディングス2015年3月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]



概要

計画名西武鉄道池袋ビル建替え計画/池袋旧本社ビル建替え計画
所在地東京都豊島区南池袋一丁目21番23他
最寄駅西武・JR・東京メトロ・東武「池袋」駅
建築主西武鉄道
設 計日建設計
施 工大林・西武 建設工事共同企業体
用 途事務所、店舗、駐車場
敷地面積5,530.96㎡
建築面積3,894.12㎡
延床面積49,661.63㎡
構 造鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
階 数地上20階、地下2階
高 さ99.98m(最高99.98m)
着 工2015年7月(6月16日起工式)
竣 工2019年3月31日予定(開業予定:2019年春)

情報更新日:2017年4月6日



地図

建設地は池袋駅の南側です。



航空写真

西武池袋線の線路を跨ぐ形でビルは建設されます。建物の1階を電車が通り抜けることになります。



2017年4月撮影

西武鉄道池袋ビル建替え計画

2016年4月6日撮影。明治通り側から見た建設地。手前は南池袋一丁目交差点です。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

拡大しました。北東側からです。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

タワークレーンが設置され躯体が立ち上がり始めています。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

これから20階まで伸びていきます。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

建設地の北側の道路は「びっくりガード」と呼ばれています。「びっくりガード」に小さな橋が架かっています。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

その橋から東側を望みました。明治通り方面です。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

西側を望みました。手前に西武池袋線、奥にJRの線路があります。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

その左手の様子。ビルは西武池袋線の線路を跨ぐ形で建設されます。その部分の工事も始まっていました。




西武鉄道池袋ビル建替え計画

2016年4月6日撮影。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。 なお、西武ホールディングス、プリンスホテル、西武プロパティーズの3社の本社が当ビルに入居することが発表されましたが、西武鉄道の本社は所沢のままです。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る