日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都豊島区


ダイヤゲート池袋


ダイヤゲート池袋は、西武鉄道が保有し、西武プロパティーズが開発を推進した地上20階、地下2階、高さ99.98m、延べ面積4万9661㎡の大規模オフィスビルです。 所在地は東京都豊島区南池袋1丁目。 1~2階に商業店舗を配置し、4~18階がオフィスとなります。 14~18階に西武ホールディングス、プリンスホテル、西武プロパティーズの西武グループ3社の本社が入ります。 設計は日建設計、施工は大林・西武JV。 2019年2月28日に竣工しました。 3月25日に供用開始し、4月1日より順次オフィス企業の入居および営業が開始されます。



ダイヤゲート池袋

2018年11月4日撮影



断面イメージ図

西武鉄道池袋ビル建替え計画

[西武ホールディングス2015年3月25日付ニュースリリース(PDF)より引用]

池袋旧本社ビル敷地に加え、西武鉄道池袋線の線路上空と西武鉄道所有地の線路西側の用地を活用し建設され、池袋エリアで最大となる約2,100㎡の基準階賃室面積を持つオフィスフロアが供給されました。

(株)西武ホールディングスは2019年4月8日に埼玉県所沢市くすのき台1丁目から当ビル17~18階に、(株)プリンスホテルは同4月15日に東京都豊島区東池袋3丁目から当ビル14~15階に、(株)西武プロパティーズは同4月15日に埼玉県所沢市くすのき台1丁目から当ビル14階にそれぞれ本社を移転します。



概要

名 称ダイヤゲート池袋(英文名:DaiyaGate Ikebukuro)
計画名(仮称)西武鉄道池袋ビル、西武鉄道池袋ビル建替え計画、池袋旧本社ビル建替え計画
所在地東京都豊島区南池袋一丁目21番23他(地番)
東京都豊島区南池袋1丁目16-15(住居表示)
最寄駅西武・JR・東京メトロ・東武「池袋」駅
建築主西武鉄道株式会社
設 計株式会社日建設計
施 工大林・西武 建設工事共同企業体
用 途事務所、店舗、駐車場
敷地面積5,530.96㎡
建築面積3,894.12㎡
延床面積49,661.63㎡
構 造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
中間免震構造
階 数地上20階、地下2階(建築基準法上)、実用上は地上18階
高 さ99.98m(最高99.98m)
着 工2015年7月(2015年6月16日起工式)
竣 工2019年2月
開 業2019年4月予定
備 考 ◆総事業費:約380億円
◆基準階貸室面積:約2,100㎡(約640坪)
◆西武ホールディングス2018年2月28日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆西武ホールディングス2018年3月5日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年3月6日



地図

建設地は池袋駅の南側です。



2018年11月撮影

ダイヤゲート池袋

2018年11月4日撮影。池袋駅の西口側から見ています。西武グループのロゴが取り付けられていました。




ダイヤゲート池袋

JR線の下を通り抜けた地点から見上げました。北西側からです。




ダイヤゲート池袋

北側から。現地の作業予定によれば、外装工事、設備工事、内装工事、外構工事を行っています。




ダイヤゲート池袋

北東側から。




ダイヤゲート池袋

その右手。建物の中を西武池袋線の電車が通り抜けていきました。




ダイヤゲート池袋

その右側では上空デッキの建設も始まっていました。




ダイヤゲート池袋

2020年3月末に完成するようです。




ダイヤゲート池袋

建物に近寄ると低層部のトラスが強調されます。




ダイヤゲート池袋

その右手。




ダイヤゲート池袋

2019年3月末に竣工する予定です。




ダイヤゲート池袋の建築計画のお知らせ

内容は前回撮影時と同じです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る